2009年10月04日

鹿野ミュージカル完了!

hashimotobokujo.jpg

「さくら姫物語」を昼夜2公演。くたくたになるかと思ったけど、そうでもなかった。心地好い疲れ。
この作品は、タカラヅカ関係者の、故菅沼潤氏台本、中野潤二氏作曲。それを鳥取が誇る上萬雅洋氏が編曲したもの。
上萬さんの作曲のものよりも、全体的にコンパクトだし、演奏面での負担(無茶?)も少ないので、あんまり疲れない。演奏しててあんまり盛り上がらないとも言えるけど(笑)。

それにしても、菅沼先生の台本は素晴らしい。日本語の単語と文章を駆使した精妙な絡み合いの言葉の綾(なんかダブりが多いですが)が、実にテンポよく流れていく。お客さんも随所で笑ってくれるし。

鹿野ミュージカルは鳥取市の宝。なんとかずっと続けていってほしいものである。

ところで、昼公演と夜公演の間に、オケのみんなで橋本牧場までジェラートを食べに行った。土日はだいたいすごい混雑だが、この日も本当にすごい混雑。我々がさらに拍車をかけてしまった(苦笑)。
それでもまあ、みんな無事に食べられて満足。ローストアーモンドは美味しかったです。ほぼみんな舞台衣装で行ったので、ジェラートをむさぼる黒服集団になってしまった。


posted by tak at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。