2009年10月11日

10/10,11。1週間前合奏

2009/10/18
14:00〜 鳥取市民会館
鳥取県オーケストラ連盟演奏会鳥取公演
指揮:高野秀峰

ベートーヴェン エグモント序曲
シベリウス ヴァイオリン協奏曲
(ヴァイオリン独奏:永見信久)
ブラームス 交響曲第3番
アンコール △△△△△の□○○△△△

いよいよ、1週間前になりました。
高野先生にご来鳥いただき、最後の練習。

10日は13:30〜17:30。1日中シベコン。
まずはオケのみ。15:00からは永見先生にも入っていただき、合わせ。
この日の練習で、すでに奇跡が起きそうな気配がした。特に第2楽章で、オケのアンサンブルの密度が高まり、なんともねっとりとした、いい感じの音楽が聴こえてきたのだ。本番もこの調子が出てほしい。

11日は、まずエグモント。先に、レクチャーの練習をした。その中で、なぜか、幻想交響曲の1部分も演奏する。そう、ギロチンつながりなんです。これは結構面白くなりそう。
エグモントもいい音がしている。オケもよく鳴っている。
次にアンコールの練習。これは自主練習で全然練習しなかったんだけど、もっとちゃんとしとけばよかったかなあ。音楽が団員の体に入ってない感じ。でも高野先生の棒でないと、この絶妙なテンポ変化がうまくいかないので、まあ結果オーライ。本番までにもう少しねっとり感が出るといいなあ。
ブラームスは午前に1楽章、午後に2〜4楽章と全楽章の通し。これは、まだまだアンサンブルのねっとり感が出ない。勢いのいい部分はイケイケドンドンで格好いいんだけど、静かな部分がちょっと雑っぽい。音色を整えましょう。

よい緊張感で本番を迎えましょう!

ご近所の方は、必ず聴きに来るように!


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 22:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。