2009年11月22日

県民による第九米子公演

2009年11月22日(日)米子市公会堂
モーツァルト/「フィガロの結婚」序曲
ベートーヴェン/交響曲第9番ニ短調
指揮:松岡究
ソリスト:寺内智子、福間章子、経種廉彦、吉田章一
県民による第九合唱団・管弦楽団

第九はくたびれる。でも、楽しい!

大学を卒業して、鳥取に帰ってから、県民による第九には、1回だけ出られなかった以外はいつも出させてもらっているので、第九を演奏するのは14回目。
第九をさらうことはあんまりないけど(ごめんなさい)、第九以外の曲をさらい、弾いたことがある曲が増えることで、「チェロ」を弾くことが年々楽になり、第九も弾けるところが多くなってきた。

今回の第九は、自分の中でもかなり「冷静」と「情熱」をバランスさせられたし、オケ全体としても、合唱も、ソリストも、よい水準で演奏できていたように思う。昔は情熱が先走りすぎたものだが…。

指揮の松岡究先生が直前までねっちりとした指導をしていただけたおかげで、本番も取りこぼしなく設計どおり演奏できたし、それに加えて、オケ全体の一体感やエスプレッシーヴォが本番になってようやく出てくるようになった。
でも、今回のオケはクールな人が多いから、なかなかエスプレッシーヴォになりませんでしたねえ。
最後の最後、弦がゆっくり始まって猛烈にアッチェレランドするところで、その後出てきた某パートが走って、ありえない速いテンポになってしまって、良い(?)緊張感が演奏を支配し、面白い演奏になってよかったです。

来年の鳥取の第九に向けて、ベートーヴェンの指示の意図が、私なりにずいぶんと整理できた。来年はもっとエスプレッシーヴォにしますよ!


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残念ながら聴きにいけませんでしたが、名演だったことでしょう。お疲れ様です。

最後の最後はありえないテンポになることが常ですよねー。1度だけ第九に乗ったことあるのですが、ラストは燃えますね。(私のパートは曲のほとんど休みなので余計に…。)
みんなごめんね〜と心の中で思いつつ、でも止められないんですよー。。。

次回の第九、ご一緒できたらなぁと密かに出演を狙っております…。全楽章とはいかなくても、です。
Posted by なか at 2009年11月23日 18:59
なるほど止められないんですね〜。来年もがんばりましょう!
Posted by 井上拓也 at 2009年11月24日 08:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。