2010年03月05日

宮永・藤田行ってきますの会

miyanagafujita1.JPG miyanagafujita2.JPG miyanagafujita3.JPG

鳥取で大活躍してきた2人歌手で夫婦、藤田俊介君と宮永あやみさんが自分たちで主催した「行ってきますの会」に出席した。
なんと宮永さんは、ペーター・コンビチュニーの助手として、ライプツィヒ歌劇場で演出を学ぶのである。
集まったメンバーはなんと57人。さすが人気者。宮永さんが歌やピアノを教えている生徒さんの演奏、宮永さん、藤田君、浦池さんの歌、そして私もチェロで参加させていただいた。メンデルスゾーンのオラトリオ「パウロ」のチェロ・オブリガートがついた1曲。「いいよ」なんて軽く引き受けたが、ピアノ譜で書かれたト音記号とハ音記号の入り乱れる2段譜からチェロパートを読み取る作業は、超冷や汗モノ。
散々練習したのに、やっぱり本番はボロボロだったなあ。でも楽しかった!
最後には、彼らが指導してきた少女合唱団はなの演奏。残念ながら、でも当然ながら、合唱団は解散するとのこと。とても高水準の歌だったので、我が事のように寂しい。
2人ともまた鳥取に帰ってくると言ってくれている。我々も、彼らが何倍にも大きくなって(体格のことじゃないよ)帰ってきたときに、受け入れができるよう、音楽的鳥取をしっかり作っておかなければ!


posted by tak at 23:59| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
今更ながら、このブログに気がつきました〜!その節はありがとうございました。
Leipzig生活にも慣れてきて、日々、新しい刺激との出会いの中で頑張ってます♪
身体は、今のところ大きくなってません・・・。車に乗らなくなったせいか、むしろちょっぴり小さくなりました(わ〜い♪)。
中身は肥やして帰りますから、その時に「ひゃ〜、鳥取もこんなになってる〜!」って驚くくらい、文化を育てておいてくださいね〜★
Posted by あやみぃ at 2010年05月18日 21:11
ご無沙汰してます。ブログ読んでますよ。どんどん大きくなってくださいね。
鳥取の文化はやせ衰え気味ですが…、がんばります!
Posted by 井上拓也 at 2010年06月08日 23:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。