2010年05月02日

ラ・フォル・ジュルネびわ湖

20100502lafollebiwako.JPG

びわ湖ホールに行ってきた。http://lfjb.biwako-hall.or.jp/
今年は全国に散らばったラ・フォル・ジュルネがびわ湖ホールにも来るということで、連休前日に見に行くことを思い立った。
チケットは当日券狙いで、大ホールと中ホールの1公演ずつを確保できた。アンヌ・ケフェレックのショパンのピアノ協奏曲第1番(絶品!)と広瀬悦子のショパンのエチュードOp.25(圧巻)。
その後は、ホールのロビーで行われた無料のコンサートをひたすら見た。
最後の渡辺克也氏のオーボエ、音楽監督沼尻竜典氏のピアノで、モーツァルトのオーボエカルテットピアノ伴奏版とショパンのノクターンNo.20なんて、こんなすごいものを無料で見ちゃっていいの、てなくらい熱い演奏でした。

とりアート(鳥取県総合芸術文化祭)の東部地区イベントの参考になるかという視点でイベントを眺めたんだけど、音楽的人材、周辺人口、ブランドの3点が圧倒的に強いびわ湖ホールとラ・フォル・ジュルネが参考になるのかという残念感が強くなっただけでした。でももちろん諦めたわけじゃないですよ。


ラベル:日記
posted by tak at 23:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。