2010年07月30日

シェーンブルン・ゾマーナハツコンツェルト

WPhSchoenbrunn.JPG

ウィーン・フィルの夏の定番となった感のある、シェーンブルン宮殿での野外コンサート。
スターウォーズのファンファーレが、正しく美しく鳴り響く!

イェフィム・ブロンフマンがしちめんどくさい曲を恐ろしい精度で弾くリストのピアノ協奏曲第2番も、シュトラウスも良いが、何と言ってもジョン・ウィリアムズ。
メインテーマと、そしてダースベーダーのマーチ!特に後者は、音楽だけですでに映像を想起させるだけの力を持った傑作であることが、図らずもウィーン・フィルの崇高な、いや邪悪な演奏によって明らかになった。
もう明日から、普通のプロオケの、普通のプログラムに取り上げちゃいましょうよ。ワルキューレの騎行がいいのなら、これだっていいはずだ。

さて、このコンサートのもう1人の立役者が、フランツ・ヴェルザー=メスト。ウィーン・フィルはすべてFWMの支配下にある。なんせ、ライナー・キュッヒル氏がライトセーバーでFWMに小突かれちゃっているのである。並みの指揮者なら逆にコテンパンにされてるに違いない(笑)。

全くたまたま、「小惑星探査機はやぶさの大冒険」(山根一眞著)を読みながら見たものだから、心は宇宙のさなかにあるような90分であった(ちょっと大げさ)。


ジョン・ウィリアムズ
 映画「スター・ウォーズ」からメイン・タイトル
ヨーゼフ・シュトラウス
 ワルツ「天体の音楽」作品235
フランツ・リスト
 ピアノ協奏曲第2番
 パガニーニ練習曲第2番
 ピアノ:イェフィム・ブロンフマン
ジョン・ウィリアムズ
 映画「スターウォーズ」からレイア姫のテーマ、帝国のマーチ
ヨーゼフ・ランナー
 ワルツ「宵の明星」
オットー・ニコライ
 歌劇「ウィンザーの陽気な女房たち」から月の出の合唱
ギュスターヴ・ホルスト
 組曲「惑星」から火星
ロベルト・シューマン
 トロイメライ
ヨハン・シュトラウス2世
 ワルツ「ウィーン気質」作品354
ヨーゼフ・シュトラウス
 ポルカ「休暇旅行で!」作品133


posted by tak at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。