2010年11月09日

ウィーン・フィル/ヴェルザー=メスト9/11/10

危うくダメ宣言するところだった。ヴェルザー=メストのブルックナーの9番は、クリーブランド管弦楽団との映像で見ていて、なんと殺伐とした演奏だ、と思いつつも無理やりひいき目に見ていたのだが、今日のウィーン・フィルとの演奏を聴いてようやく合点がいった。
ヴェルザー=メストはブルックナーにおいて、いわゆる「解釈」しないという解釈をしているのだ。意図的にテンポを遅くして何かの情景を描き出したり情緒を生み出したりということは一切ない。
出てくるのは、ブルックナーの書き付けた音符とウィーン・フィルの音。音楽という現象はそれ以上でも以下でもないんじゃないか。
恐ろしい勇気だと思う。特に日本人のブルックナー好きに受け入れられにくいだろう。ジュリーニのように雄弁でないしバーンスタインのような情熱はないしチェリビダッケのように馬鹿丁寧でないしヴァントのように雄弁でない。そういった語りやすい「特徴」を持たない音楽に遭遇して思考停止してしまいそうになるような類い演奏である。
まさにそのままの意味で私はカール・シューリヒトが指揮したウィーン・フィルの演奏を思い出しながら聴いていた。
あるがままの、小細工のない、だけど奏者の歌心は自然ににじみ出る音楽。クリーブランドにはできないけどウィーン・フィルにはできる、伝統に立脚した演奏。
その潔さに喝采!とにかく隅から隅まで堪能したし、「Ja」を強く唱えたい。

2楽章のトリオ末尾〜主部ダカーポの乱れはドキドキしましたね。その直後のテュッティでヴェルザー=メストの顔が真っ赤になってました。
トリスタンとイゾルデの前奏曲と愛の死は、いろんな意味で日常公演を彷彿とさせる演奏だった。集中はほどほどでドラマを表出させて決めるところはどかんといって。あんな演奏ヴェルザー=メストにしかできんわ。
この記事へのコメント
初めまして。

私も昨日、サントリーホールに行って参りました。
去年の11月にウィーンでメストの「ワルキューレ」を観終わった後から‘ウィーンフィルでこの人のブル9を聴いてみたい’と思っていたところの指揮者変更。神様の贈り物です。

クラッシック初心者ですが、ウィーンが好きなので旅行した際に、VPO定期演奏会の小澤・メータの「ブル9」を聴きました。演奏会の後、いまいちスッキリ感がなく、もやもやしてましたが、メストのワーグナーを聴き「この人なら」と確信しました。
当たりましたねー。

「ワルキューレの騎行」があっさりしていたので、譜面に忠実なのかなと思ってました。
その思いが昨日、確かなものだとわかりましたし、takさんが的確な表現をされていたので、とてもすっきりしたのと同時に、自分の解釈もまんざらではなかったと思いました。

ニューイヤーはメストの性質上、淡々と進行しそうなので、好みが分かれると思いますが、ウィンナワルツ等はウィーンウィルのメンバーと体現出来るでしょうから楽しみです。

昨日の演奏でも、自国出身の指揮者だからこその信頼感があって、あの演奏だと思いますよ。凄い、凄すぎる、の一言に尽きます。それしか私には言い表せません。

今日のプレートルはいかがでしたでしょうか?

また拝見させていただきます。
Posted by ネフェルタリ at 2010年11月10日 20:17
ネフェルタリ様
拙ブログにおいでいただきありがとうございます。
今日、録音しておいたNHK-FM音源を聴きなおしましたが、やはり素晴らしいですね。ウィーン・フィルにしかできない音楽です。
次のブログの通り、プレートルも爆笑の爆演でしたよ。
Posted by 井上拓也 at 2010年11月12日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。