2010年11月10日

ウィーン・フィル/プレートル10/11/10

愛すべき最後の巨匠、ジョルジュ・プレートルの、愉悦に満ちた、ピリオドスタイル?何それみたいな1960年代的スーパー演奏であった。
1950〜60年代、ハンス・クナッパーツブッシュがヨーロッパ中の音楽愛好家を唖然とさせたであろう伝統と即興の幸せなカップリングが、まさか21世紀の今体験できるとは!
実は、一見きままでまとまらない演奏に聴こえるが、どっしりとした低弦を土台に弦をしっかり鳴らし、金管はびしっと抑えて見事にバランスさせている。聴こえべき音は全て聴こえる。
そしてなんとも愛らしい指揮姿!ほとんど動かないのに必要な情報は表情も補完して全て伝わっている。
前半のシューベルトの交響曲第2番は、ロマンティック・スタイルで演奏された最後の機会になるかもしれない。弦は細かい音符ばかりで相当大変そうだが、プレートルは全く気を抜かせてくれない。
後半のエロイカは、常にテンポが伸び縮みするのでこれまた気が抜けないが、ギクシャクしたようすはなく、自然に流れる。そして頻繁に立ち現れるデーモン。
全体に漂う柔らかく明るい雰囲気はドイツ的でもウィーン的でもないかもしれないが、これぞ音楽!これぞベートーヴェン、と思えてしまうから不思議である。
ここまでいい意味で構築的でない演奏は、まさにクナッパーツブッシュ以来ではなかろうか。
アンコールのブラームスのハンガリー舞曲第1番は、奔流のように力をみなぎらせたかと思えば目頭を押さえて涙ぐむ。トリッチトラッチポルカは軽やかな疾走。
楽しかった!
終わった後は大学以来の友人と奥さんと3人でインドネシア料理を痛飲快食。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。