2011年01月12日

2つのマーラー全集

mahler2010.JPG

グスタフマーラーの、2010年は生誕150年、2011年は没後100年ということで、いろんなレーベルからいろんな記念のディスクが発売されているが、さすが、ドイツ・グラモフォン、デッカ、フィリップスを有するユニバーサルは違う。

まず出たのが、ユニバーサル自身が選出した、1人1曲ずつのマーラー交響曲+歌曲集。
そして、生誕150年のユニバーサル公式ウェブ企画として、各交響曲を振った指揮者の人気投票を一般のリスナーが行い、1位になった録音を集めてパッケージにした「聴衆選出盤」。
前者は当然出ておかしくない企画だが、後者はある意味驚天動地。あのグラモフォンがですよ(ユニバーサルだけど)。

それぞれで選出されている指揮者は、それぞれ以下のとおり。

   ユニバーサル選  聴衆選
1番  クーベリック  クーベリック
2番  メータ     メータ
3番  ハイティンク  アバド
4番  ブーレーズ   カラヤン
5番  バーンスタイン バーンスタイン
6番  アバド     バーンスタイン
7番  シノーポリ   アバド
8番  ショルティ   ショルティ
9番  カラヤン    ジュリーニ
10番 シャイー    シャイー

正直言って、どちらもあまり「面白み」はない。
先に出たユニバーサル選盤を買ったのは、たまたま手持ちのマーラーの録音とダブりがなく、いつかは持っておかなければいけないものだったから。
聴衆選出盤に至っては、前者とダブりまくりだし、すでに持っているのともダブる。しかもさすが聴衆の人気投票だけあって、ごくごくまっとうなセレクトになっている。

ではなぜ買ったかというと、「投票者は25%オフ」「掲出を許可した投票者の名前がライナーノートに載る」という特典(?)。
オタクなら特に後者は避けて通れない。あのドイツ・グラモフォン(ホントはユニバーサル)のディスクのライナーに名前が載るんですよ!

というわけで、写真の通り。5,000人くらい投票して、掲載許可があったのがわずか474人ということもあってか、日本人的な名前は私ともう1人しか見つかりませんでした。さすが日本人はセキュリティ意識がしっかりしてる…。私も何度も思いとどまったけど、オタク魂に負けました(爆)。写真は合成っぽい(実際ぼかしの写真と非ぼかしの写真を合成してます)けど、ちゃんと載ってますのでね。


ラベル:マーラー
posted by tak at 00:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。