2011年02月06日

市響練習、鳥劇練習

午前中は鳥取市響定期の練習。

タンホイザーとチャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲は私が指揮。
タンホイザーの難しさは、転調の嵐にプレイヤーがついていけないこと。具体的には、たとえばCならCという音が、ある調性では主音かもしれないけどある調性では第3音かもしれない、それぞれに役割が違って、音程の取り方も違ってて、転調するたびにその音の役割を判断して音をとらなきゃいけない。でも、転調が激しいと、それがうまくできる人とできない人が大量発生してすぐに音が濁ってしまう。
今日の練習では、ほんの少しにごりが取れてきた。

後半はJ氏指揮で、ベートーヴェンの5番。ゆっくり目のテンポのおかげで丁寧に弾くことができ、だんだん音の精度が上がってきた。ベートーヴェンの難しさは、音が単純なので、精度が低いとすぐばれること。今からこれくらい気をつけられたら、本番は相当いいと思う。

午後からは鳥の劇場の鷲峰讃歌の練習。
鳥の劇場の情報はこちらをどうぞ。
http://www.birdtheatre.org/

かなりのゲンダイオンガクなので、これはこれで音程のとり方、リズムなど、精度が問われる。初演だし、誰も聞いたことがない曲なので、演奏を聴いて体で覚えるということができない。だから、練習でがんばって音楽を体に入れるのだが、それがだいぶんできてきた。再来週まであと3日の練習とゲネプロ。本番で途中で止まらないようにがんばる(笑)。

夜は、鳥取市響の練習日程のブログを更新。これはくたびれるんですわ。
4月の練習の追加、7月の変更、全国豊かな海づくり大会の分の追加をアップした。
団員は活用してくださいね。
http://tcso.seesaa.net/


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。