2006年05月29日

ドホナーニ/Bruckner #5

dohnanyi_bruckner5.jpg

なんだこのヨーロッパ風味は!

ホールトーンが豊かなのは、単にホールが良く響くからだけではない。
音程と発音のタイミングが絶妙であるために、倍音成分が良く乗っているのだ。

さらに感心するのは、歌い口の精妙さと歌い終わりの仕舞い方の品の良さ。
縦の線で合わせるのでなく、呼吸で合わせる、いや呼吸を合わせる演奏。
ヨーロッパ以外で演奏された、最もヨーロッパの様式に近いブルックナーではないか。

苦難の80年代を乗り越え、アンサンブルの精度とモチベーションを取り戻したクリーブランドが、美しい音楽を美しく奏でる喜びに浸っているようだ。


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

ブルックナー 交響曲第5番
Excerpt: <font color="#639048"><B>ブルックナー作曲: 交響曲第5番変ロ長調(ノヴァーク版)  オーケストラ:クリーヴランド管弦楽団(DE..
Weblog: music diary〜クラシック音楽〜
Tracked: 2006-09-28 11:51
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。