2006年05月31日

ネーメ・ヤルヴィの豪胆

好きな指揮者一人挙げろと言われたら、ネーメ・ヤルヴィと答える。

初めて彼の名を見たのは、週刊FMの記事だった。私がまだ高校生のころ。
テンシュテットが急病(または癌治療か?)でLPOのコンサートをキャンセル、代役でプログラムをそのままブルックナーの8番でコンサートを引き受けたというもの。
英国の雑誌の記事が引用され、「立派な演奏だったが、テンシュテットほどユニークではなかった」ということだったが、
実は当時まだテンシュテットの演奏もヤルヴィの演奏も聴いたことがなく、この記事の意味が本当には理解できなかったが、テンシュテットがすごいということだけは、雑誌でいつも書かれていたので、なるほどなあと思っていた。
今となっては同じLPOでテンシュテットとヤルヴィのブルックナーの8番が聴き比べられるので、良く理解できる。

2度目は、たまたま聴いた、ヤルヴィ/スコティッシュ・ナショナル管弦楽団の初来日(?)公演の収録のFM放送。エア・チェック魔だった当事、なぜか録音し忘れていて、メインのシェーラザードの途中から聴き始めたのではなかったろうか。
そのシェーラザードもすごかったと思うが、アンコールの何とか言う狂詩曲が、また、とんでもない爆演だった。オーケストラからこんなでかい音が出るのか?

3度目は、大学受験直後、そのころに聴いたショスタコーヴィチの7番のCD録音(CHANDOS)のFM放送。当事この曲はLPでコンドラシンのものを持っており、充分聞き込んでいたが、あのまろやかな演奏とは別物の、突き刺さるような、金管の爆音。まあ、バンダ付きだから普通の編成ではないものの、度肝を抜かれた。
ここにいたって、ネーメ・ヤルヴィの名が頭にこびりついてしまうことになった。東京の大学に受かって、入学手続と身体測定に東京に出たときに、六本木WAVE(懐かしいね。ちょっと涙目)に行って、さっそくこのヤルヴィのレニングラードを手に入れた。
ちなみに受験のときにもすでに六本木WAVEをレコ芸の広告でちゃんと調べていて(バカだね。もっと勉強してろよ、と今までは思う)、そのときはバルビローリのマーラーの9番とか買ったな。

ちなみにアンコールだった何とか言う狂詩曲は、しばらくしてCDで発売されたバルトークのオケコンにカップリングされたエネスコのルーマニア狂詩曲第1番だった。

幸か不幸か、ヤルヴィは、BISとCHANDOSという、クラシカル・レパートリーの辺境を埋め尽くす義務を自らに課したかのようなマイナーレーベルの看板指揮者で、恐ろしい量のCDを生み出し続けた。
とても全部手に入れることはできず、今でも4分の1くらいしか持っていないと思う。

思い出のタコ7はもちろん、ヤルヴィの最大のヒットは、フランツ・シュミットの交響曲第2番だろう。シカゴ交響楽団との演奏で爆音を奏でるすばらしい録音だ。

彼の最大の謎は、なぜメジャー級指揮者にならないのかということだ。多録音で有名なカラヤン、マリナーは、それぞれメジャーレーベルで録音し続け、内容はともかくメジャー級の扱いである。
ヤルヴィもDGにずっと録音し続けているが、「看板」の扱いではない。もちろんレパートリーが王道でないこともあるが、それだけではない。

やはり問題は、常に良い演奏なわけではないこと。また、「良さ」の範疇が、カラヤン的、マリナー的ではないことだろう。

キーワードは「豪胆」。これからいくつかの録音でヤルヴィの魅力を紹介したい。


ラベル:ヤルヴィ
posted by tak at 01:09| Comment(0) | TrackBack(0) | ネーメ・ヤルヴィ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。