2011年04月23日

頭痛(酸欠)日誌

ミグシスを、夜の12時に2錠だけ飲み、昼に飲まないでみたら、朝の4時に頭痛で目が覚めた。やはりミグシスは、ずうっと飲んでおくのが大事なようだ。

このミグシスが効いている状態で、午後の1時半から鳥取市響の練習指揮、夜の7時半から鳥取ジュニアオケの練習指揮をしたら、汗はだらだら出るし、息苦しいし、相当大変だった。
チェロを弾くくらいなら全然苦にならないのに、指揮はやはり相当重労働なようだ。
ミグシスは血管の収縮を抑える薬とのこと。
http://www.qlife.jp/meds/rx9283.html
血流とか、酸素供給とかにも影響があるのだろうか。

ともかく、指揮をしながら倒れる人の気持ちがかなり分かった。体は苦しいけど、指揮は責任が大きいから簡単にはやめられない…。

今は全然普通に戻っているので、ご心配なく!


ラベル:頭痛
posted by tak at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。