2006年07月11日

ムラヴィンスキーのタコ8

mravinsky_shostakovich8.JPG

ずっと昔から持っているCDだが、最近ずっと廃盤だったらしい。タワレコオリジナルで最近出たようだ。
ふと聴きたくなって取り出した。

ムラヴィンスキーはこの曲がお気に入りのようで、残された録音もたくさんある。私も他に1961年2月25日録音というのをメロディア未発表録音集(BMG国内盤)で持っている。
最近では1960年だかのBBC LEGENDのものがいいらしいが私は未聴。

そういうわけで(?)あらゆるタコ8の中でこの録音が一番好きだ。
録音や演奏は万全というわけではない。しかしながら、ムラヴィンスキーの最大の魅力であるやわらかく豊かな弦の響きと鮮烈な金管の咆哮が両立している。
音楽が描く恐怖が見事に、丁寧に表現され、(この演奏時点では)40年前の戦争の悲劇が今のことのように演奏されている。ムラヴィンスキーはもちろんだが、演奏者にもその時代を体験した人が多くいるのかもしれない。

ところで、最近気がついたのが、この録音は5楽章の最後の最後に編集跡が丸分かりのところがある。ムラヴィンスキーとレニングラードといえどもミスはあるのだろう。案外この編集跡がしばらく廃盤だった理由なのではないかと思ったりする。

Dmitri Shostakovich
Symphony No.8 in C minor, op.65
Leningrad Philharmonic Orchestra
Yevgeny Mravinsky
Philips 1982.3, Leningrad, USSR


この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。