2006年07月24日

さわやかコンサート

sawayaka.JPG

とても楽しいコンサートだった。
コカコーラと山陰放送が行うさわやかコンサートは今年で10回目。
演奏した曲は以下の通り。

クラシックの部:松尾昌美指揮
時の踊り、そりすべり、トランペット吹きの休日、ラデツキー行進曲、フィンランディア
歌手の部:中島啓江の歌(一部指揮)、松尾昌美指揮
カルメン序曲、アラゴネーズ、虹のかなたに、星に願いを、美女と野獣、アメイジング・グレイス、ドレミの歌

松尾先生の指揮はいつもながら絶妙。特に前半最後のフィンランディアは松尾先生の表情に異常に気迫がこもっていて演奏にとても集中できた。
中島さんのエンターテイメントぶりはやはり最高。怪しい外国人指揮者の扮装で現れて2部の最初にカルメンを指揮したら、もうそれでお客さんをとりこにしてしまった。
1曲歌うごとの拍手もすごく、コンサートが終わっても拍手が鳴り止まないなんて初めてだ。

肉体的には結構疲れる演奏会だったが、とても満足。

ところで。フィンランディアは、これまで「強い」曲だと思っていた。そのため、いわゆる「シベリウス」像とこの曲がどうしても重なり合わなかった。
しかし、このたびのコンサートを通じてチェロのパート譜をよく読んでみると、もっとずっと「ナイーブ」な曲なのではないかと思うようになってきた。つまり、この曲もいわゆる「シベリウス」的な演奏がなされるべきではないかと。
今度ちゃんとスコアを買って検証したい。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:34| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
さわやかコンサートの様子がいつもラジオでしか(しかも断片的で)分からないのがとても残念です。特に昨日の中島啓江のパフォーマンスはやはり視覚で楽しむのが一番!だと感じました。
シベリウスには、内面に秘めた情熱を感じる曲が多いように私は感じています。…でも『フィンランディア』は6月も昨日も熱く弾いてしまいました…
Posted by 後藤 あかね at 2006年07月24日 21:44
こんばんは。

いつもその日のTVの「BSSニュース」で取り上げられるのですが、今回はどうだったのでしょうか。

Posted by 板倉良多 at 2006年07月25日 00:15
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。