2006年07月31日

鳥取市響大選曲大会!

daisenkyoku.JPG

鳥取市交響楽団の今年の10月29日の定期のアンコール、来年3月4日のフリースペースコンサートの全曲、来年9月ごろの定期演奏会の全曲、来年12月にたぶん行う県民による第九の前プロを一気に決めるべく大選曲大会を開催した。

さて、3時間みっちりと議論した(?)とはいえ、さすがに全部決まるわけもなく、だいたい以下のところで落ち着いた。
2007年がアニバーサリーイヤーの作曲家はグリーグ(生誕100年)、シベリウス(没後50年)、エルガー(生誕150年)なので、この人たちの曲を並べつつ協議した。

<アンコール>
XxXXXXX-のX-XxXXxX-Xと、できそうだったらもう1曲、XxXXXXX-のXXX-X

<フリースペースコンサート>
ルスランとリュドミラ(グリンカ)
クラリネットと弦楽のためのアダージョ(ベールマン/ワーグナー伝)もしこの曲が面白くなかったら亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)
アンダンテ・フェスティーヴォ(シベリウス)
リーロイ・アンダースンから2曲くらい
天国と地獄からカンカン(オッフェンバック)
威風堂々第1番(エルガー)

<定期の候補曲>
前プロ:禿山の一夜、こうもり序曲、皇帝円舞曲、悲劇的序曲、タンホイザー
中プロ:マ・メール・ロワ、エルガーのセレナーデ、ホルベルク組曲、キージェ中尉
メイン:ブラームスの3番、シューマンの4番

<第九>
話す余裕なし

定期でやる曲をフリースペースコンサートでもしようということにしていたんだが、結局ほとんどかぶらないことになってしまった。ま、アンコールでやるという手もあるし、ブラ3の3楽章をやっぱりフリースペースでもやる、という手もある。

ところで、巷ではタンホイザーって有名なんですってね。白い巨塔?で流れてたっていうけど、どんな感じで流れてたんでしょうか。

ちなみに、アンダンテ・フェスティーヴォとカンカンとパヴァーヌ、もうシートミュージックプラスに注文しちゃいました。遅くとも2ヵ月後には来るでしょう。


私信モード:TオケOBの皆さん、ご存知でした?http://www.sym.jp/photo_mem/new.html
今日のhttp://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2006-07-30&ch=31&eid=13084でもバンバン映ってましたねえ。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:43| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「白い巨塔」では、唐沢寿明ふんする財前五郎が、野心を燃やし順風満帆なる自らの未来に向かうといったシーンのライトモティーフ的に使われた部分がありました。確か年末の2時間スペシャル(ベルリンロケでアウシュビッツなんかも扱った回じゃなかったかと思うのですが)前後で使われていたように思います。夕日を浴びて(朝日だったかな)財前五郎が次のオペに向けて手を動かしながらイメージトレーニングをするシーンが印象的でした。自信に満ち意気揚々たる姿と、やがて来る破滅に向けての爛熟したような雰囲気をよく盛り上げていたように思います。加古隆のテーマ音楽やエンディングテーマのアメイジンググレイスとの対比がなかなか効果的たったように思いますよ。
Posted by bassman at 2006年07月31日 17:32
bassmanさん、情報ありがとうございます。なるほどワーグナーは希望と破滅にぴったりの音楽ですね。うちが演奏したとして、破滅は表現できても(?)爛熟とか希望とかは難しそうな。。。お客さんがっかりしちゃうかもしれませんね。
Posted by 井上拓也 at 2006年08月01日 00:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。