2006年08月08日

ももちゃんラーメン

momochan.JPG

今日も鳥取県総合芸術文化祭の東部会で3時間半の議論。くたびれたので、外食して帰ることに。

今日の晩御飯はももちゃんラーメンの「牛すじラーメン(800円)」と「ぎょうざ(350円)」。
少々高いが、このこだわりは金を出せば買えるというものではない。
ももちゃんラーメンのスープのベースはすっきりしたしょうゆ味だが、なんだか分からんけどうまみが濃い。明らかに試行錯誤の結果得られた味だ。麺は細麺の縮れ麺。これもここ専用の麺だと思う。
今日は特に普通の焼餃子が美味かった。作りたての餃子の味。

職場の先輩に連れられて、軽トラ屋台の時代に初めて食べたのが7年位前。そのころからただの屋台ラーメンではないこだわりだったが、今では店を2軒出す鳥取の有名店になった。店長さんは実は同い年だったりする。

ラーメン不毛の地と言われる鳥取では自信を持って勧められるラーメン屋だ。幸いいつもお客さんが耐えない。いつまでもがんばってね。


ラベル:総芸祭 ラーメン
posted by tak at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。