2006年09月23日

シブミ/トレヴェニアン

shibumi.JPG

私はもともと村上春樹フリークで、彼の著作はほとんどすべて読んでいるが、村上フリークの半分以上を占めると思われる「世界の終りとハードボイルドワンダーランド以前しか認めない派」である。

それはともかく、スコット・フィッツジェラルドにしてもサリンジャーにしてもロバート・アルトマンにしても、彼の著作で知った作家や映画監督がとても多い。
トレヴェニアンもその一人。

すでに「バスク、真夏の死」と、たぶん「夢果つる街」も読んだし、アイガー・サンクションは映画で見た。

そこでこのシブミ。圧倒的な世界の構築。これまでの作品と違って、複数の時制と場面を克明に描き分ける。
世界が複数ある分だけ、ある種の「荒さ」が見えるのが残念だが、それが原著の問題か翻訳の問題かはよく分からない。
結末は、成るべくして成った、というような納得というかホッとする展開。でも、これは映画にはできないな。映像化することでいろんな機微がすべて失われてしまいそうなくらい、文字の力を感じる文章だ。

ちなみにシブミ=渋みである。原題もSHIBUMI。そう、この小説は圧倒的な日本論でもあるのだ。


ラベル:日記
posted by tak at 00:39| Comment(4) | TrackBack(1) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「世界の終りとハードボイルドワンダーランド以前しか認めない派」というのがあるんですか。知りませんでした。といっても私は「ノルウェイ」と「カフカ」しか読んでいませんが。
ところでやっぱり、「これだけは、村上さんに言っておこう」の質問221はtakさんでしたか(笑)すぐわかりました。
Posted by takemoto at 2006年09月23日 16:48
Takemoto様

> 「これだけは、村上さんに言っておこう」の質問221はtakさんでしたか

それはたぶん私ではないです。「村上朝日堂 スメルジャコフ対織田信長家臣団」には投稿が載ってるんですが。
ちなみにどんな質問だったんだろう?
Posted by 井上拓也 at 2006年09月23日 23:56
「カラマーゾフの兄弟」の配役のロシア音楽家バージョンです。間違いないと思いますがいかが?再録でしょうかね。
Posted by takemoto at 2006年09月24日 22:09
ぷっ。俺だ(笑)。ええっと、アリョーシャがマイスキー、イワンがクレーメル、スメルジャコフがアファナシェフで、ピョートルがスヴェトラーノフとかいうやつね。間違いない!再録っぽいね。
Posted by 井上拓也 at 2006年09月25日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

映画 DVD 気ままなブログに気ままに観に来てください。
Excerpt: 日本映画や海外映画、ドラマのジャンルを問わずに気ままにピックアップしています〜よかったらこれから見ようとしている映画やDVDの参考にしてください。
Weblog: 映画 DVD 気ままなブログ
Tracked: 2006-09-23 15:10
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。