2006年10月12日

非クラシックコンサートに行った

senmiroumahbou.JPG

鳥取県民文化会館梨花ホールに伊勢正三・太田裕美・大野真澄アコースティックコンサートに行った。
念のため、大野真澄=「ガロ」のメンバーだった人、太田裕美=「アイドル」、伊勢正三=「かぐや姫」のメンバーだった人である。
この3人のほか、サポートのシンセサイザーその他に「センチメンタル・シティ・ロマンス」の細井豊氏。

いやはや素晴らしい歌心に満ちた歌だった。
このメンツではしょっちゅうやっているらしく、しゃべりまでほとんどいつもと同じみたい(どっかのサイトに台詞が出てました)だが、それでも打ち込みのない純粋な生演奏のカルテットであり、テンポも4人で決めなければならないうえに、手拍子が入るとなれば、それ相応の音楽性がないと音楽が成り立たないのだろうが、正にやすやすと音楽を組み立てていく。それはカルテットの醍醐味と共通のものだ。

芸風はそれぞれ違い、
「ガロ」大野真澄=職人
「アイドル」太田裕美=天然
「かぐや姫」伊勢正三=天才
という感じだ。

伊勢正三氏の歌の天才っぷりは際立っていた。再現芸術としての(つまりクラシックと同じ)昔のフォークソングを歌うという行為が、正に今音楽が生れ落ちるかのような新鮮さに満ちている。

ちなみに今日の曲目はこんな感じ。

地球はメリーゴーランド
(曲名失念)
さらばシベリア鉄道
あなただけ
ビートルズはもう聴かない
チェルシーのコマーシャルソング
ワンパイントのラム酒に乾杯
雨だれ
赤いハイヒール
君は僕の友達
君と歩いた青春(新曲 本邦初公開?)
湘南 夏
星空
置手紙
(荒木一郎の曲)
22才の別れ
木綿のハンカチーフ
学生街の喫茶店
<アンコール>
(もう1曲ガロの有名曲)
なごり雪
ママはフォークシンガーだった

来年全く同じメンツで同じ曲でせりふまで同じだったとしても、また聴きに行ってもいいな。
それってクラシックだったらしょっちゅうあることだもんね。ヤルヴィ/エーテボリ響ってまたシベ2持ってくるのかよ、みたいなね。

コンサート後は「仙味楼」で食事。麻婆飯とえび餃子(蒸し)。美味!


ラベル:音楽会
posted by tak at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。