2006年10月29日

ゲネプロ満足

いよいよ本番前日となった。
ようやく全員集合、と思いきやホルンがまだ一人来てない。「明日は来ます」ということだから、大丈夫だろう。

トランペットソロの山田さん登場。上手いわ。見た目はかわいらしいお嬢さんにしか見えないんだが、音に張りがある。あの音にあわせよう、とオケもかなり集中したんじゃないだろうか。
鳥取近郊にお住まいの方は、トランペットだけでも聴きに来てください。ちょっと気持ちのよい午後が過ごせますよ。

それと新聞に寄稿した紹介原稿がようやく前日になって載ったので、こちらにも転載する。


チャイコフスキーの暗号を解く
〜鳥取県オーケストラ連盟演奏会鳥取公演への御招待〜

今年は、ダン・ブラウン著の「ダ・ヴィンチ・コード」が映画化され、「暗号」がほんの少し脚光を浴びたような気がします。
あの作品の中では、絵画の中に暗号が隠されていたわけですが、音楽の中に暗号を隠した作曲家もたくさんいます。たとえば、自分の名前のつづりである「BACH」を音階に直して音楽に埋め込んだバッハ、数学の知識を音楽の構成に利用したバルトーク、そして、音楽の表現に複数の意味を仕込むことで、時の政府の迫害から逃れることができたショスタコーヴィチ。もちろん音楽として優れていながら、そこにいろんな意味を盛り込むことで、芸術としての深みを増しているのです。
さて、私ども鳥取県オーケストラ連盟がこのたび鳥取公演で演奏するメインの曲は、チャイコフスキーの交響曲第五番です。チャイコフスキーも、これまであまり語られたことはありませんが、音楽的暗号の使い手だったようです。チャイコフスキーが活躍した時代は、音楽の中心地たるドイツ・オーストラリアではロマン派の時代、ロシア・東欧などでは国民学派の時代と呼ばれ、それまでの古典派の時代とは違い、音楽にロマンすなわちストーリーが盛り込まれるようになりました。チャイコフスキーも「運命の主題」や「怒りの日」のテーマなどを用いて、衝撃的なストーリーを展開しているのではないだろうか、という想像のもと、演奏を交えてストーリーの説明をする「レクチャーコンサート」に取り組む予定ですので、ぜひお楽しみに。音楽を見る視点が変わりますよ。
そのほかにもヴェルディの歌劇「ナブッコ」序曲、ハイドンのトランペット協奏曲を演奏します。トランペット協奏曲では、京都市立芸術大学を卒業したばかりの新進気鋭のトランペット奏者、山田久美子さんをお招きして演奏していただきます。吹奏楽などで管楽器に取り組んでいる皆さんにぜひお聴きいただきたいと思います。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。