2006年11月10日

FMという名のブラインドテスト

朝の通勤時はいつも車を運転しながらNHK-FMのミュージック・プラザ第1部クラシックを聴いている。
もちろんFMの番組表は確認していないので、自然とこれが曲や演奏のブラインドテストになるわけだ。

10日ほど前のこと。
ずいぶん静かだなあと思ったら、ボレロの最初の辺りだった。これが聴けば聴くほど異常に精密なザッツの揃い方なのだ。さらに音量が大きくなるに連れ、金管のメタリックな感じが強まっていく。ザッツの驚異的な揃い方はそのままに。
これはシカゴ交響楽団に違いない、シカゴのボレロはもしかするとショルティもあるかもしれないが、バレンボイムくらいしかなかろう。しかもこの番組はフランス物でよくバレンボイムを選択する。というわけでバレンボイム/シカゴのボレロ!で、ビンゴ!

今朝のこと。
これは聴いたことがあるな。ハイドンのシンフォニーに違いない。でもハイドンだから番号は分からんな。オケは異常に上手いぞ。スーパーSクラスだ。めちゃめちゃパワフルだからベルリン・フィルだろう。じゃあ、サイモン・ラトルかな。でもバーミンガムとはハイドン録音してたけど、ベルリンフィルとの録音ってあったっけ??
答え:イシュトヴァン・ケルテス指揮、ウィーン・フィルのシューベルトの交響曲第3番。
がっくし。曲も指揮者もオケも間違い。これじゃあクラシック・オタクなんて名乗る資格なしですな。

ちなみに、「この番組はよくバレンボイムを選ぶ」という時点でダブルブラインドテストにはなってないですね。
さらにちなみに、数年前まではFMのクラシック番組で流される曲は雑誌で確認していたので、ブラインドテストにすらなってませんでした。今はウェブで確認できるのにその暇すらなし。


ラベル:シカゴ響
posted by tak at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。