2006年11月17日

0系

zerokei1.JPG zerokei2.JPG

出張で名古屋に行った。JR使用。もちろん日帰り。7時に鳥取を出て11時に名古屋、用件を済ませて3時に名古屋を出て7時に鳥取。
往路は、
鳥取−<スーパーはくと>→姫路−<ひかり>→名古屋
というごく穏当な経路だったが、復路は、
名古屋−<ひかり>→新大阪−<こだま>→相生−<普通列車>→上郡−<スーパーいなば>→鳥取
という、乗り継ぎ3回の凄い経路。これでもかかった時間は往きと同じなのだ。

そんなことより「こだま」だ。
こだまに乗ったのは多分2回目。今日乗ったのは、なんと初代新幹線の0系なのだ。前回も0系だったかどうか自信がない。私が新幹線に乗るようになってからはひかりは100系より新しい車両だったので、0系はほとんど乗ったことがない。
0系って最近廃止になったんじゃなかったっけ、と思ったが、少なくとも山陽新幹線では現役なのね。山陽新幹線だから、青ではなく黄緑のストライプ。とりあえず写真を撮っておく。
中に入ると、なんと4列シート。車内幅が狭いのだ。初代の先頭車両形状では断面積を小さくしないとスピードが出ないので、車体幅自体が小さい。
物の本によれば、最高速220km。各駅停車なのでしょっちゅう停車することもあり、なんとものんびりしている。席もがら空きだし。
これで食堂車があれば言うことないんだけどなあ。こういう列車でのんびりと旅できるような境遇になりたいものだ。


ラベル:観光
posted by tak at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。