2006年11月18日

紅葉三態

fukurogawakouyou.JPG kembun.JPG jimpukaku.JPG  

1枚目は市内の真ん中を流れる袋川の土手。NHK鳥取放送局の隣あたりである。
2枚目は鳥取県民文化会館前。イチョウがきれいであるが、足元は要用心。異臭を放つ実が落ちている。
3枚目は久松山(きゅうしょうざん)と鳥取城跡と仁風閣(じんぷうかく)。久松小学校前から。

鳥取に限ったことではないかもしれないが、最近すっかり紅葉が美しくなくなってしまった。
10年前、鳥取に帰ってきてすぐの頃は、久松山全体がすっぽりと赤い帽子をかぶったように同時に色が変わったものだが、今は樹種によってまばらに変わっていく。最初に色が変わったものはさっさと散っていくので、色が揃うことがない。

それでも、このわずかな期間の紅葉の時期はなんとなく麗しい気持ちになるものだ。


ラベル:観光
posted by tak at 00:22| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。