2006年12月03日

第九ゲネプロ

第九ゲネプロ今日は米子の第九のゲネプロ。今回のオケのメンバーは本当に上手い。
ホールがとてもよく響くので決してアンサンブルが容易なわけではないのだが、崩れる気がしない。
テンポは全体的に遅いのだが、ちゃんと歌ってもたれない。
全体を通したらもう練習は終わり。それでも不安はない。
前プロは魔笛序曲だが、これは普段演奏機会がないだけに、演奏できる喜びに満ちている。
明日の本番が楽しみだ。


ラベル:オーケストラ
posted by tak at 00:21| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
各パートのトップはもちろん、
上手な人が多すぎて
びっくりします。

特にN見さんとコンマスのY田先生の音は遠くにいるビオラのところまで聞こえてきます。


楽しみな反面
個人的な危険があってはらはらしてます…
Posted by toyoura at 2006年12月03日 01:00
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。