2012年09月18日

旧道を行く

9月17日は、米子第九の練習で米子に行ってきた。
練習は15時過ぎにすんだので、帰りはゆったりと国道9号の旧道を行ってみることにした。

出発は米子駅前で、ANAホテルのあたりで9号線に。皆生方面に行ってホテルわこうの交差点を右折。あとはひたすら下の道。
久しぶりに東伯の町中を通り、北条バイパスを通らずに北栄町役場とかがある方の県道に入る。
羽合・泊のあたりの道も久しぶり。
残念ながら浜村の旧道は入ると出にくいのでパス(というかどれが旧国道かよくわからん)。
最後は湖山街道を通って、はたと困ったのが、今の国道29号がなかった頃って、どうやって鳥取駅に出ていたのだろうかということ。
今回はフォルクスのところから右折千代川の土手を通って、八千代橋を渡って鳥取駅まで。
驚いたことにこのルートを2時間20分で踏破できた。行きは相当にすいた山陰道をすべて使って1時間30分なので、50分も違うと言えば違うが、車の流れの違いを補正するとプラス30〜40分程度の感覚。
山陰道を使うとついついせかせか走ってしまうので、旧道を通るのは精神衛生上もよさそうだ。昭和を思い起こさせる旧国道の沿道風景に思いのほか和んでしまった。

次はさらに古い旧道(明治の旧国道?)をチャレンジしたいものだ。


posted by tak at 00:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 鳥取の風景 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。