2007年02月02日

気まぐれコンセプトクロニクル

kimagureconcept.JPG

ようやく手に入れた気まぐれコンセプト。
厚い!
ようやく1990年(200ページくらい)まで読んだところだ。私の大学入学の頃。まだ読んだのを覚えている話は出てこない。

しかしこれは、永久保存すべき現代史の歴史書だね。それも普通であれば風化していく「流行」に関する歴史。2006〜7年の記録とともに残しておけば、30年後くらいに相当の価値が出てくるんじゃなかろうか。

画像は元原稿からスキャンしてデジタル処理され、文字も打ち直してあり、非常に美しい。なぜそれがわかるかというと、200ページまでに、元原がなくて雑誌からコピーしたと思われる話が1本、下の文字がずれて見えてるのが1本あるから。
下に注釈が付いているんだが、1本間違ったところについているのもある。これも初版本のみの貴重(?)なミス。

しかし今井書店さん、インターネットで注文したら「在庫あり」なんて、この本どこに置いてたんでしょうか。コミックじゃなくて一般書だっけ。


ラベル:日記
posted by tak at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。