2007年02月12日

ヴァンガード・ブラス再び

鳥取県の指導者的立場の吹奏楽関係者を中心に結成された「ヴァンガード・ブラス」の鳥取公演。
米子公演とプログラムはほとんど一緒だが、感銘はまた違った。
今回の演奏では何より、音が解け合って非常にマイルドなハーモニーと、結構緊迫感のある緊密なアンサンブルが聴かれた。

ビゼーの「子供の遊び」は、米子では結構ほつれが目立ったが、梨花ホールでは余裕が感じられた。
ホルストの第1組曲は、その崇高な音楽が十分に崇高に演奏され、神々しいばかりだった。
そして最後の「メキシコの祭り」(O. リード)は、素晴らしい緊迫感と素晴らしいアンサンブル、十分な高揚感。聴いていて幸せだった。アンコールも程よく肩の力が抜けていい演奏だった。
ちなみに、鳥取公演ではファリャの「恋は魔術師」が予定されてたが、米子と同じ「メキシコの祭り」になったことの説明はなかった。ちょっとそれが気になったが、演奏を聴いて納得。消化不良の新曲(かどうか知りませんが)より、いったんなじんだ曲をよりよい演奏でするほうが何倍もいい。

もちろん、ミスがなかったわけではないし、ステージ上ではいろいろ不都合があったことは想像に難くないが、梨花ホールの2階席にはいい音だけがブレンドされて届くので、そういうのが分からなくなっちゃうのだ。
前回と若干の奏者の交代はあるが基本メンバーは同じ。結局は、1月から2月の間の練習と、ホールの音響との相乗効果だろう。練習すれば上手くなるし、音響がよければ気持ちよく演奏できる。身も蓋もないがそれだけのことだ。「それだけのこと」がいちばん難しいのだけれどね。

というわけで、鳥取の吹奏楽ももっと自信満々でやってくださいね。影ながら応援してますので。
もしかして、中の人は不満タラタラ、とかだったら、私の聴取能力が低いということですので。またあとでいろいろ聴かせてください、中の人。


ラベル:音楽会
posted by tak at 00:05| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。