2007年02月14日

ゲーベル、コジェナー、バッハ

kozena_lamento.JPG

バッハ・ファミリー関係者の「悲歌」を集めたアルバム。泣ける。

ヨハン・クリストフ・バッハは大バッハの大おじ。
カール・フィリップ・エマニュエル・バッハは大バッハの息子の一人。
ヨハン・クリストフ・フリードリッヒ・バッハも大バッハの息子の一人。
だが、フランチェスコ・バルトロメオ・コンティは縁故はないようだ。ウィーンの宮廷作曲家。どうも大バッハが楽譜を書き写してケーテンで演奏したという関係があるらしい。この解説の筆者は、コンティはカトリックの人なのにプロテスタントのバッハが取り上げるのは奇妙だが、17世紀にはカトリシズムがプロテスタントに影響を与えていたのだ、というような詳細な考察を書いておられるが、難しくてよく分からず。ドイツ語の英語翻訳だし。

このコンティの曲が良い。圧倒的に正しいバッハ一族の諸作品に囲まれて、ある種の自由さを感じさせる。いい意味でジャズのような自由さ。

ラインハルト・ゲーベルとムジカ・アンティクヮ・ケルンの演奏も、いい意味でのジャズ的なノリのよさを感じる。その上で歌うコジェナーもまた、節度と自由さを見事にバランスさせている。
「悲歌」なのに、幸せな音楽。シリアスなのに軽やかな音楽。ピリオド楽器を適正に演奏して初めて得られる世界。某個人旅行会社のS氏が盛んにおっしゃるように、現代楽器ではもはや表現ができない音楽があるのだ。

題名を打っていたら、「ゲーデル・エッシャー・バッハ」がまた読みたくなってしまった。


Johann Christoph Bach
Ach, dass ich Wassers g'nug hätte

Francesco Bartolomeo Conti
Languet anima mea

Johann Sebastian Bach
Vergnügte Ruh, beliebte Seelenlust BWV 170
Bekennen will ich seinen Namen BWV 200

Carl Philipp Emanuel Bach
Selma H 739 (Wq. 236)

Johann Christoph Friedrich Bach
Die Amerikanerin BR JCFB G 47

Magdalena Kožená
Musica Antiqua Köln
Reinhard Goebel

2003.2, Melanchthon-Kirche, Köln
ARCHIV


ラベル:バッハ
【関連する記事】
posted by tak at 00:17| Comment(2) | TrackBack(0) | 古楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして!
コジェナー好きです!
このCDも好きです!!
こんなふうにバッハを演奏できたら楽しいだろうなーと思います。
Posted by ちび at 2009年02月27日 09:35
拙ブログにおいでいただきありがとうございます。
私の場合はチェロで演奏していて、ブラームスはじゅくじゅくした柿のおいしさ、バッハは適度に乾いた干し柿の美味しさを感じます。その美味しさが表現できるといいですよね。
Posted by 井上拓也 at 2009年02月28日 01:18
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。