2007年03月11日

アジアの道

papageno.JPG

作曲工房パパゲーノ第1回作品展が成功裏に終了。
↑鳥取の若手作曲家6人とベテラン作曲家1人が集まった作曲家集団です。

我がカプリス弦楽四重奏団は、いつもいろいろお世話になっている作曲家ジョーさんの新曲、弦楽四重奏曲第1番「アジアの道」を初演した。

楽譜をもらってさらってみたときは大変失礼ながら「バルトークのパクリか?」なんて思っていたんだが、カルテットであわせてみると、パクリなんて稚拙なものじゃなくって、バルトークとストラヴィンスキーとショスタコーヴィチをいいとこ取りしたみたいな、それでいてオリジナリティがある魅力的な曲だった。
もちろんかなり難しいんだが、最初に通してみたときは案外楽に弾けるなあと思った。それが、他のパートを聴こうと思うようになった頃から格段に難しく感じるようになる。
それでもその段階を消化できたら、何とか音楽らしくなった。それが今日の最終リハの段階。いやはやぎりぎりであった。リハが終わって控え室で最終確認をする段階で第4楽章のテンポを速くすることにした。←作曲家には言わずに。

本番は、我々の前がベテラン作曲家とプロのギタリストの以上にハイレベルな曲と演奏で客席は静まり返ってしまって、う〜ん立場ないなあって感じだったが、気を取り直して集中。
作曲家からのコメントと演奏者のコメントというのがあって、ファーストヴァイオリンがシリアス路線、私が受け狙いで、とりあえず気を楽にして演奏に臨んだ。
それぞれの楽章に入るときに時間をたっぷり使ってテンポの確認をしたので、遅い楽章も速い楽章も合わせやすいテンポで弾けた。そのテンポ設定が最大の勝因だったと思う。そういうわけで、演奏者としてはかなり大成功、作曲家もご満悦。4楽章のテンポはびっくりさせてしまったようだが。
拍手はパラパラだったけど、唖然、って感じだったんだろうか。4楽章は曲も演奏も相当イカレてたからねえ。

後から「よくあんな曲カルテットで弾けるなあ。もっとボロボロになるかと思った」という感想をある方からいただいたんだが、一つは楽譜がリーズナブルで、比較的弾きやすいけど難しく聴こえるということと、楽譜に書いてあったら相当な変拍子でない限り何とかなるということだ。

本当に良い経験をさせていただきました。


ラベル:カルテット
posted by tak at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。