2007年04月11日

自転車に乗って

自転車が好きだ。

小学生の頃から自転車好き。高校は自転車通学。
大学は、3年生の頃にようやく生活費を工面して自転車を手に入れた。

その自転車は鳥取に持って帰ってしばらく乗っていたのだが、いかんせん安物であり、長くは乗れず処分してしまった。

そして、3年ほど前にどうしても自転車が欲しくなり、半ば衝動買い的に買ってしばらく乗っていた。
実はこれは、飲み会のときのタクシー代節約のために買ったというのが最大の目的だったので、自転車の飲酒運転にも罰金が適用されるようになってから、全く乗らなくなってしまった。

ところが昨日ふと思い立って、タイヤに空気を入れ、フレームを拭いて、すぐ乗れるようにした。
そして今日は絶好のサイクリング日和(仕事だけど)だったので、自転車で通勤。

今回「ふと思い立った」訳は2つある。

1つ目は、アルファロメオを長く維持したいという気持ち。5万キロを超えて、そろそろいつまで乗れるかのカウントダウンに入ってきたような気がしてきたのだ。車を長く維持するには、乗り過ぎないことと適度に乗ることが肝要だ。そのバランスを取るために、というかむしろ渋滞を乗らないために、自転車で通勤する。
2つ目は、自分の体。今々は体力の不安はないが、ふだん全く運動をしない生活をしているので、どうしても体の切れが悪くなってくる。特に、心肺能力の低下が怖い。スポーツジムとかに通う金も暇ももとよりないので、安上がりの方法を取るしかない。なぜ自分の体が理由として2番目にくるのかは謎である。普通1番目だろ。

というわけで今日は自転車通勤したわけだが、本当に快適であった。都市部は自転車の方が速いし(鳥取にも渋滞はある)、都市部でも空気はそんなに汚れていない(そうは言ってもやっぱり田舎)ので、自転車でもつらくない。通勤途中に知り合いに3人も会ったし。

ところで、乗っているのはこんな感じのモデル。http://www.bscycle.co.jp/catalog/sports/abios/index.html
私のはカタログには載っていない初期型で8速、グリーン。タイヤとハブベアリングの性能が凄い。最近の自転車は、ちょっと高いのならフレームの素材の振動特性とか組み方による剛性としなりのバランスとかをコンピュータ解析でやるので、フレームにいちばん金がかかっているのだが、フツーの自転車にはそういうのはあんまり関係なくて、どんな自転車でも共通の部分の部品の精度が相当底上げされているような気がする。
ただこれもジャスコとかの自転車ではなかなか難しい話で、ブリヂストンならではのところだと思うが。


ラベル:日記
posted by tak at 01:42| Comment(2) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ふふふ、まだまだ、車は長持ちしますよ。
通勤に、釣りに使い放題。
雨ざらし、海の塩ざらし。
ゾンビになっても動き続けるけなげなやつです。
めざせ、100万K さすがにちょっとむりかなー。
Posted by ヨッシー at 2007年04月11日 07:48
100万kmは、メルセデス・ベンツなんかだと不可能ではないらしいですね。
ただ、アルファ・ロメオの辞書には「耐久性」の文字はないので。。。
Posted by 井上拓也 at 2007年04月12日 00:29
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

サンダーバード危機一髪
Excerpt: 鳥取の素晴らしいチェリスト Takさんが、車は10年10万K と書いておられまし
Weblog: ミンクス室内オーケストラ
Tracked: 2007-04-11 07:50
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。