2007年04月30日

こうもり

恥ずかしながら、初めてヨハン・シュトラウスの「こうもり」を見た。なんとまあ面白いオペレッタだこと。15年前にこれを見ていたら人生が変わっていたかもしれないなあ。享楽的な自分なんてあんまり想像できないが。
ただ、15年前に見ても、今日見たような感激は味わえなかっただろう。

ちなみに、キャストはこんな感じ。録り貯めしていたビデオの中から発見されたものである。

指揮:ニコラウス・アーノンクール
オーケストラ:ウィーン交響楽団
合唱:アルノルト・シェーンベルク合唱団
振付:カタリーナ・リュール
演出:ユルゲン・フリム

アイゼンシュタイン:ヴォルフガング・ブレンデル
ロザリンデ:シルヴァーナ・ドゥスマン
オルロフスキー公:アグネス・バルツァ
アルフレード:ヘルベルト・リッペルト
ファルケ:オラフ・ベーア
ブリント:エルンスト・ディーター・ズートハイマー
フランク:アントン・シャリンガー
アデーレ:イザベル・レイ
イーダ:メルツェーデス・エッヒャーラー
フロッシュ:エルヴィン・シュタインハウアー

1999.5.8, アン・デア・ウィーン劇場

牢番のフロッシュが第3幕の冒頭で延々一人芝居で冗談を言うのだが、いくつか爆笑してしまった。
「おや、あなた方はウィーン交響楽団でしたか。ウィーン・フィル・コンプレックスあるでしょ?」

なお、多分演出ではなく事故だと思うが、ロザリンデ役のドゥスマンがコードを引っ掛けてランプを落として割ってしまい、オタオタしつつもおそらくアドリブで「これじゃお先真っ暗よ」(字幕を参照)と言ったのはすごい。


昨日は2時まで飲んで3時就寝、今朝は7時には起きて米子に行き、通称「七夕オケ」の練習。このたび発足した鳥大医学部のOBオケである。7月7日が本番。
曲は七夕にちなんでシューベルトの未完成(7番)とベートーヴェンの7番。未完成は曲の奥行きが表現するのが難しく、ベートーヴェンはそもそも弾くのが難しい。私はお手伝い的役割なので、なんとか役に立てるようにしないと。
練習会場は米子市公会堂だが、そのときのお昼ゴハンはいつも「さんぽう」という鶏料理の店に行く。高島屋の近く。今日はドライカレーを食べた。相変わらず美味!


posted by tak at 01:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。