2007年05月04日

ハチャトゥリアンを聴いた

khachaturian2.JPG

9枚組みをようやく聴き終えた。
http://takmusik.seesaa.net/article/39843168.html

アルメニア人の作曲家の曲をアルメニア人の指揮者がアルメニアのオーケストラで演奏した画期的な録音と評するのが一般的だろう。
聴いてみてもやはりそう言うのがふさわしい。ただし、この9枚の中の1枚とか2枚聴いただけでは聴こえてこないところもある。

最初に発売されたバレエ組曲集を聴いた音楽ファンは度肝を抜かれたことだろう。アンサンブルや個人の技量が怪しいまま爆演を繰り広げる彼らの演奏に。
あまり細かいことを気にしていないのか、ただ下手なのか、それはよく分からない。それでも恐ろしいテンションなのである。田舎のオケがサディスティックな指揮者にいじめられて、意地になって演奏しているような。
3曲の交響曲も、やけっぱちな感じで、もう少し上手い演奏で聴きたい。

それが、録音が進んでいくに従って落ち着きを聴かせるようになる。特に、スパルタカスの組曲第1〜3番は名演である。

そして、聴けば聴くほどハチャトゥリアンの偉大さが身に沁みてくるようになる。正直言って最初の1,2枚は聴くのがかなりしんどかったのだが、最後あたりではハチャトゥリアンの語法がなじんでくる。
ショスタコーヴィチとプロコフィエフと並べてソヴィエト3大作曲家とWikipediaに書かれていたのを見て「ほんとかね」なんて思っていたんだが、粗野なだけではない、要望に応じた作曲のできる職人的な作曲家であると分かってきた。
特に映画音楽などをさらりと聴かせるあたりはさすがである。
面白いのが、1933年に書かれた「舞踏組曲」の中で、ガイーヌなどに使われた音楽の骨格が聴かれること。やはりオリジナルは民族音楽にあったのだろう。
交響曲らしさ、バレエ音楽らしさ、映画音楽らしさを備えた上で、どれを聴いてもちゃんとハチャトゥリアンの音楽に聴こえるという個性がきちんと存在することが、ハチャトゥリアンを大作曲家たらしめていると思った。

この曲集の中に、イッポリトフ=イワーノフの「コーカサスの風景」(もちろん「酋長の行列」を含む)と作曲家でもあるチェクナヴォリアンの曲が収録されているのはうれしい。酋長の行列なんて今では全く耳にすることはないし、チェクナヴォリアンの曲がハチャトゥリアンの曲と区別が付かないのが面白い。
逆に、マイナーな曲まで網羅されているのに、より有名なヴァイオリン・コンチェルトが収録されていないのがとても残念だ。

録音レベルは高すぎで、しょっちゅう音がひずんでいる。ASVはもうちょっと何とかする方法があったんじゃなかろうか。それともいつも予想外の爆演だった?

なお、年代に?を付けているのは、録音日が明記されていないものである。
日本語の題名はこちらをどうぞ。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/1064111

というわけで、決して万人にお勧めするわけにはいかないセットなのであるが、「ショスタコとプロコはいっぱいCD持ってんのにハチャトゥリアンだけ全然ないんだよなあ」(←私)という方は聴いとかなきゃいけない(義務?)。
あ、ちなみに、スパルタカスだけ聴きたければCHANDOSのネーメ・ヤルヴィの演奏を、交響曲第3番ならやはりCHANDOSのグルシチェンコの演奏をお勧めしておきます。


The Essential Khachaturian / ASV

Aram Khachaturian

Disc 1 (CD DCA 773)
Gayaneh - Suite
Masquerade - Suite
Spartacus - Suite

Mikhail Ippolitov-Ivanov
Caucasian Scetches, op.10

1991?

Disc 2 (CD DCA 858)
Symphony No.1 in E minor (1934)
Symphony No.3 in C (Simfoniya-poema) (1947)

1993?

Disc 3 (CD DCA 859)
Symphony No.2 in E minor "The Bell" (1943)
The Battle of Stalingrad - suite from music for film (1950)

1993?

Disc 4 (CD DCA 884)
The Valencian Widow - Suite
Gayaneh - Suite No.2

Loris Tjeknavorian
Danses Fantastiques

1993?

Disc 5 (CD DCA 946)
Lermontov Suite
Russian Fantasy
Ode in Memory of Lenin
Greeting Overture
Festive Poem

1994.10.28-11.2

Disc 6 (CD DCA 949)
Spartacus Suite No.1, No.2, No.3

1999?

Disc 7 (CD DCA 964)
Piano Concerto (1936)
Wartz for wind band
Polka for wind band
Dance Suite (1933)

1995.10.24-25

Disc 8 (CD DCA 966)
FILM MUSIC
Pepo (1934)
Undying Flame (1956)
Secret Mission (1950)
Admiral Ushakov (1953)
Peisoner No.217 (1945)

1995.10.22-23

Disc 9 (CD DCA 1087)
Ode to Joy - The Spring Sun Rises (1956)
Three Concert Arias
Ballad of The Motherland (1961)
Poem
March of Zangezur

1999.7.19-20

Armenian Philharmonic Orchestra
Loris Tjeknavorian


posted by tak at 00:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。