2007年05月18日

2台ピアノとパーカッション

bartok2piano1.JPG bartok2piano2.JPG

バルトークの作品に、「2台のピアノと打楽器のためのソナタ」という曲と「2台のピアノと打楽器のための協奏曲」という曲があるのは知っていたが、後者は前者の編曲版だとは、不覚にもこのCDで初めて知った。
ソナタは1937年の作曲、協奏曲は1940年の編曲である。最近ではソナタの方しか演奏も録音もされないのではなかろうか。

ソナタの方は何度か聴いたことがあるが、なんともとっつきにくい名曲(?)である。
リズムは不安定で、8分音符単位で4+2+3なんてリズムで進むところもある。
音響的にもソナタの方は減衰音がほとんどなので、なんとも骨と皮だけみたいな殺風景さがあって面白い。コンチェルトの方は、ピアノが弾く和音をオケが弾きのばすというようなシンプルな編曲になっていて、ちょっとゴージャスな感じでよい。

ラベック姉妹の演奏は、なんとも素晴らしい。この複雑なリズムを、当たり前のようにきちんとノッて弾いている。そしてこの殺伐とした曲を歌心を持って弾き、リリカルな音響が立ち上がってくるのである。
パーカッションは、もっと上手く弾ける要素はあるんじゃないかなあと思う。

面白いのがこのCD、ジャケットはオランダで印刷、CDはなんと日本プレス、なのにMade in the UKなんて書いてある。
ジャケットとディスクをケースに収めたのがイギリス?

このCDが出たのは1986年のようだが、何と今でも、ヨーロッパ盤、国内盤ともこのカップリングのまま現役盤である。確かにこの2曲の組み合わせのCDは他にないようだし、資料的価値も高く、演奏も良い。長く聴かれるべき名盤である。

ちなみにこのCDを買ったのは大阪駅前第1ビルのWalty堂島。ここの中古盤はいつでも掘り出し物があるのでうれしい。


Béla Bartók
Concert for two pianos, percussion and orchestra, Sz.115
City of Birmingham Symphony Orchestra
Simon Rattle
1985.9, Warwick Arts Centre

Sonata for two pianos and percussion, Sz.110
1985.9, No.1 Studio, Abbey Road, London

Katia & Marielle Labèque, pianos
Sylvio Gualda & Jean-Pierre Drouet, percussion

EMI


ラベル:バルトーク EMI
【関連する記事】
posted by tak at 00:53| Comment(0) | TrackBack(0) | バルトーク・ベラ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。