2007年05月27日

久々に市響の練習

鳥取市響の練習に久々に出席した。県文リハ室。ちと人数が少ない。

指揮者が都合で欠席なので、私が代振り。昨日勉強しておいた。

今回練習したのは、マンフレッドとシューマンの交響曲の4番の全曲。久々に指揮したので腕が疲れて動かなくなる。
自分でも満足のいく練習だったし、参加者からも同様の声をいただいてとても嬉しかった。

今日の練習で指摘したのはこんなこと。欠席の方はどこの部分か判断して書き込んでおくよーに。

マンフレッド序曲
「Nの先の部分の、ファースト・ヴァイオリンとヴィオラ以外は、葬送行進曲です。とりあえず皆さんはショパンの葬送行進曲はよく知っているでしょうから、あれを思い浮かべて演奏してください。行進曲だから、テンポがだれないように。悲しくても行進はそのまま進んでいくんです。楽譜は4分の4拍子だけど2分の2拍子でカウントするように。指揮者はファースト・ヴァイオリンのために4つ振りするので、皆さんはそれと関係無しに演奏してください」
「Nの前の、シンコペーションは、悲劇と壮大な嘆きです。でもホルンとティンパニは無慈悲に頭拍を刻んでください。シンコペーションの最初の部分は、曲の冒頭の1小節目で先取りされます。曲頭では後に出てくる悲劇を思い出しながら演奏し、あとの部分は冒頭で弾いたさまを思い出してください」
「2小節目以降はとても遅いですが、ファースト・ヴァイオリンとチェロの16分音符が決めたテンポで、完全なインテンポで演奏してください。指揮はともかく皆さんが自主的にテンポを決められるように」
「ティンパニに何度か出てくる3連符は、とても厳粛な気持ちでとても大事なことを言っているような気分で演奏してください。ある部分では最後の審判のような役目を担っています」
「この曲にはメゾフォルテはありません。ベートーヴェンなんかと一緒で、フォルテはメゾフォルテで、スフォルツァンドはフォルテで、フォルティシモはフォルティシモで演奏してください」
「付点8分音符+16分+8分音符のパターンは、16分音符はあとの8分音符にくっつけてください。西洋音楽では、この音型は馬が走るのを模したものです。歌うときも向こうの人はターンタ、ターンタ、ターンタ、ターンタではなく、パランッ、パランッ、パランッ、パランッ、と歌うんです。くっつけ方が違います」

シューマンの4番
「4楽章の後半の方に出てくるコラールと、1楽章のKのコラールは同じことをやっています。他にも曲の中で同じことを違うところでやることがありますね。それはいつも同じように演奏してください」
「逆に、楽譜上は全く同じリズムだけど、4楽章のターンタタンタンというリズムと1楽章のターンタタンタンは、8分音符の処理の仕方が違います。4楽章では軽く、1楽章では重く、タンタンの部分を演奏してください」
「1楽章冒頭ですが、シューマンはわざと何拍子か聴衆に分かりづらいように書いています。いちばん最初のフォルテからピアニシモまで下がるところは、8分音符単位で1,2,3,4,5と数えながら正確に5つ分で音量を落としてください。5拍という単位だから聴衆に分かりにくいんですね」
「まず、序奏のメゾフォルテの部分から演奏してください。その次の部分は4分の3拍子で書いてはありますが、楽譜を見る限りどう見ても8分の6拍子で書いてあります。スラーの塊りは8分音符単位で4,5,6,1,2,3となっていますが、4,5,6拍がアウフタクト、1,2,3が1拍目です。ドレミで言えば4,5,6で下がり、1,2,3で上がりますが、音楽は逆で、4,5,6で上がり、1,2,3で下がります。1箇所12個つながるところがありますが、ここだけは上がったり下がったりしないように。いまは8分の6拍子で振るので、そのつもりで演奏してください」
「最初に戻って、何小節かあとに見た目もちゃんと3拍子になるところがあります。これは1拍ごと念押しするように3拍子を強調してください。これは古い舞曲なんかで8分の6拍子の途中に4分の3拍子が混じるのをわざと再現しているんだと思います」
「ターンタターンタタンというリズムはさっきやった葬送行進曲のリズムと共通点があります。ここでは特に、記譜上の3対1の長さで演奏するのではなく、5連符の4対1みたいになるように、16分音符を後よりにしてください。昔の音楽は伝統的にそういう風に演奏するルールがあります。ああ、それだとやりすぎ。5対1くらいに聴こえます。それとターンの部分で1,2,3と数える間は意識がしぼまないように。ずっと強くしてください」
「複付点の音符は、付点の音符とは気分を違えてください。得意満面に演奏するように。「ほら、いい音楽でしょう!!!」とパアアーンと演奏してください」
「3楽章の、最後のトリオの部分は、ベートーヴェンの5番の3楽章の、ピツィカートだけで演奏する骸骨の踊りみたいなのをパクったものです。だからあれと同じように、ぱそぱそに演奏してください。潤いは要りません」
「4楽章の頭のところは、ブラ1がパクったところですね。ホルンはアウフタクトの短い音は、指揮者の棒と合わせようと思わず、パートで合うようにしてもらえばいいです」
「展開部以降のところで、音楽にほとんど変化がなく何度も繰り返されるところがありますが、ほんのわずか違う部分があります。ファゴットとか。その違いを瞬時に把握して、演奏してください」
「ホルンの、パーンパパンパンパーンパパンパンパンという音型は、2回目には2拍ずれて3拍目から演奏されますが、まるで1拍目であるかのように演奏してください。これもプラ1がパクった部分がありますね。お客さんをだますように演奏してください(その後演奏してメロメロに)あらら、演奏者も指揮者もだまされちゃいました。そうそう、一緒に弾いてるヴィオラは「ホルンを吹く」つもりで弾くように」

しかしよくしゃべったね。


posted by tak at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。