2007年06月23日

躁の音楽

tenstedt_tod.JPG

鬱は1日で失せた。今日は躁の音楽。今日1日、脳内で鳴り響いていたのは、リヒャルト・シュトラウスの死と変容。

19時まで仕事→天狗で焼き鳥→お姉さんのいる店でカラオケ→「とうかい楼」でチャーハンと天津飯(美味!!)、というコースをおっさん二人でこなしたあとで家にたどり着いて(残金500円)、ようやく聴いた、クラウス・テンシュテット指揮の「死と変容」。
ようやく聴けた「死変」は、やはりしみじみと聴くような音楽ではない。テンシュテットの、各小節、各音符に命を通わせた演奏で聴くと、なおさらしみじみとしている暇はない。もやもやした頭がカッと開かされる思いがする。

テンシュテットは、数年前は海賊盤の星であり、今は放送音源復刻の星である。私に言わせれば、再評価は遅すぎる。没後記念のEMIの再発の時点でもっと騒がれてしかるべきであった。海賊盤のそれぞれの演奏も素晴らしいが、正規盤がそれで見劣りすることは一切ない。
惜しむらくは、現役時代に彼の演奏を積極的に聴く努力をしなかったことである。


Klaus Tennstedt

Richard Strauss
Vier letzte Liedser
Lucia Popp. soprano
London Philharmonic Orchestra
1982.3, Abbey Road Studios, London

Richard Wagner
Götterdämmerung
Morgendämmerung und Siegfrieds Reinfahrt
Siegfrieds Tod und trauermarsch
Berliner Philharmoniker
1980.10, Philharmonie, Berlin

Richard Strauss
Tod und Verklärung
London Philharmonic Orchestra
1982.3, Abbey Road Studios, London

EMI


【関連する記事】
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。