2018年02月14日

群発頭痛日記2018終了編

<自分と、全国数万人の群発頭痛関係者のための記録なので、頭痛に興味のない方には申し訳ありませんがあまり役に立たない記事です>
春一番の到来とともに(正確にはその前日に)、2018年の群発期は終了しました。皆様には大変ご心配とご迷惑をおかけし、申し訳ありませんでした。
1月17日に始まった今季の群発期、午前中いっぱい痛い日があったり、その後毎日深夜と早朝と午前10時ごろに3回頭痛が来る日が続き、という具合に今季はかなりひどい部類に入る。これはひどい寒さともリンクしているように感じていて、体が寒さ対応している期間は何らかの理由で頭痛が誘発され、春一番のような実質的な春の到来がそれを終わらせるというような。これまでも感じていた(美しくない話でごめんなさい!)便意と頭痛はほぼ100%リンクしていて、便意が来る前に頭痛の予兆があり、頭痛が来て、放出してしまえば治まる。冬の便は頭痛を誘発する?!
最後の頭痛は2月12日の午前、よりによってカルテットの練習中だったが、頭痛はそれほど強くなく(はっきり痛いが顔をしかめるほどではない)、練習には支障をきたしていないつもり。
今回もアマージとミグシスを処方してもらい、特に後半はアマージを1日2回服用する日が続いたが、効いている時と効いていない時がある気がする。(またもやゴメンナサイ!)まずは排便が、そして服薬が少しは功を奏したというような印象。ただし、全く薬を飲まないというのは怖くて考えられない。
というわけでちょうど4週間ぶりにビールをいただきました。
ラベル:頭痛
posted by tak at 23:59| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。