2007年09月07日

大阪の用事

osaka20070906.JPG

チェロの弓の毛が伸び切ってしまったので、毛替えに、新大阪の松尾弦楽器に持っていった。弓の2本毛替えのついでに、チェロの調整も頼んだ。
下記の買い物を済ませて楽器を取りにいくと「根柱がすぐに倒れそうなので、新しいのと換えておきました」とのこと。調整も出してみるものだ。演奏中に倒れたりしたら大変だ。

さて、買い物は以下のとおり。
タワーレコードで「松村禎三の世界」。タワレコオリジナル企画なので、存在を知らなかった。オケの某先輩から「松村禎三は良いよ」と聞かされていて、ちょうど主要作品がコンパクトにまとまって1,500円と手ごろなので購入。このシリーズは他にヤマカズと京都市響の「復活」とかあって、店内にかかっていたが、すさまじい名演だった。我慢して買わず。
Walty堂島で、トン・コープマンのバッハのオルガン曲集。在庫整理のセールで3枚セットで999円。バッハのオルガンのCDは全く持ってないので購入。家に帰ってよく見たらトッカータとフーガニ短調は入っていない。まあいいか。
名曲堂阪急東通店で、エロイカ・カルテットのシューマンのカルテット全集とクアルテット・カザルスのアリアーガのカルテット全集(いずれもハルモニア・ムンディ・フランス)と、ケンペ/ドレスデンのナクソスのアリアドネ。
さらに、ササヤ書店で、マルティヌーの交響曲第6番「交響的幻想曲」のスコアを購入。どんな楽譜を書けばああ聴こえるか知りたかったのだ。

今回はぱっと見てほしいと思ったCDを買ったが、一応選考基準は「持っていない曲」。

さて、今回も国道9号⇔国道173号(能勢街道)のルートで行ったのだが、タイヤプレッシャーをチェックしたおかげで、能勢街道のワインディングは絶好調!ここには書けないスピードで楽しんだ。能勢街道は景色も良いし、適度に追い越し車線もあって楽しいですよ。電波が弱くてFMがほとんど聴けないのが玉に瑕ですが。


ラベル:大阪
posted by tak at 00:21| Comment(0) | TrackBack(1) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック

TON KOOPMAN
Excerpt: J.S.Bach ORGELWERKE TON KOOPMAN クラシック中古店にひさびさに行っての衝動買い。 6枚組で1,680円・・・ でもトン・コープマンのオルガン演奏ということで、..
Weblog: ひかりのしま
Tracked: 2007-09-24 01:24
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。