2007年09月12日

コンドラシンのショスタコーヴィチ#15

kondrashin_shostako15.JPG kondrashin_shostako15_2.JPG

ショスタコーヴィチの交響曲第15番は、なかなか「これ」という演奏にめぐり合えなかった。昔から聴いていたムラヴィンスキーは謹厳実直に過ぎる気がするし、最近手に入れたコンドラシンの全集の中の録音は、せかせかと落ち着かない。
ザンデルリンクのは大好きだし、ヤルヴィのも悪くないが、「あちらの世界」をのぞかせてくれない真面目さがある。

最近出たこのコンドラシンとシュターツカペレ・ドレスデンの演奏は、もうこれはある程度「決定盤」と言ってしまっていいんじゃないかというくらい、私の理想に近い演奏である。個々のプレーヤーの技量の高さ、アンサンブル、音量感、はもちろんのこと、音楽の「空気」、時代の「空気」も伝えてくれる。
ただ美しいだけでもなく、ただ悲痛なだけでもない。音楽の持つ力を最大限発揮できた演奏である。
この曲は、ムラヴィンスキーが世界初演、コンドラシンがドイツ初演、ロジェストヴェンスキーが日本初演、とかそんな感じじゃなかったっけ。このCDがそのドイツ初演の記録だと思う。
ところで、曲の最期のあたりに出てくる4つの音でできたモチーフは、ヴィオラ・ソナタにも出てくるんだが、フランツ・シュミットの交響曲第4番の序奏がすんだ後の第1主題にそっくりなんだが、絶対関係ないよなあ。でも気になる。

同じ日に演奏されたボリス・チャイコフスキーの変奏曲は、この日が初演。あんまりロシア的な感じはせず、何と言うか能天気なアメリカ音楽風。面白い曲だと思うし、よく書けているが、後世まで引き継がれるべき曲かというと微妙である。

ちなみに、このCDのライナー・ノートに、この演奏会の放送に際して使われた中継車の写真が出てくる。演奏からは感じられない古めかしさは、この写真で初めて感じられる。


Kyrill Kondrashin
Staatskapelle Dresden

Dmitri Shostakovich
Symphony No.15 in A major op.141

Boris Chaikovsky
Theme and eight variations for orchestra

DDR Rundfunk-Profil-Hänssler, 1974.1.23, Kulturpalast, Dresden


posted by tak at 00:49| Comment(0) | TrackBack(0) | キリル・コンドラシン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。