2007年09月30日

1週間前練習

1時から5時まで鳥取市響の合奏。
前半は、マンフレッドとシンフォニー。シンフォニーは1楽章のテンポが遅めで弾きやすい。Y先生あきらめた?
後半はソリストの宗廣真澄さんに来ていただいて、ピアノコンチェルトのピアノ合わせ。なんだかオケもソリストも遠慮気味。要はオケのほうが、ピアノの細かい音を聴き切れていないのだろう。ピアノという楽器は一人で弾くからどんな細かい動きもできるが、周りがそれにあわせようと思ったら、音が細かすぎて聴き切れない。それでもアンサンブルをしようと思ったら聴くしかない。これは日々の努力で耳を鍛えるしかない。私はふだんからそんなことばっかり気をつけて音楽を聴いている(音楽を楽譜化しながら聴く)ので、そんなに苦労しない。

夜は鳥取男声合唱団のコンサートを聴きにいった。見事な演奏、見事な公演。

【頭痛日誌】
6:50 19錠目の薬。
7:00 頭痛強度90の頭痛。30分続く。
17:00 20錠目の薬。直後に頭痛。1時間続く。つまり、練習が終わった直後に頭痛が来て、コンサートの始まる前に治まった。重要な用件の間に頭痛が起きるというか、頭痛の合間に生活しているというか。



posted by tak at 00:55| Comment(3) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どうも。
なんだか『頭痛日誌』が興味深くて読んでしまうので、引き続き頭痛お願いします。
もう『頭痛』とかでカテゴライズしてもいいのでは。頭痛仲間が増えるかもしれないし、学会で引用されるかもしてませんよ。
原因がストレスというのが最も謎ですが、お大事に。
Posted by k-hz at 2007年09月30日 14:05
29日の演奏会、お聴きいただきありがとうございました。
やっと終わりました、暗譜との戦いも終わりました。

次は市響。
追い込み大変でしょうががんばってください。
Posted by 親方 at 2007年10月01日 10:59
k-hz様
まるで私がストレスを感じないような書きぶりだが、なぜそんなこと知ってるんだ(笑)。

親方様
お疲れ様でした。もうあっという間ですね。第九もあっという間に来そうです。
Posted by 井上拓也 at 2007年10月02日 01:37
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。