2007年10月03日

【頭痛日誌】

10/2
悪夢の1日。
5:00 頭痛の兆候で目が覚める。だが、薬を飲んでからまだ8時間しか経っていないので飲まずに我慢する。頭痛強度100。1時間で治まる。
7:00 目覚ましで目が覚めると頭痛の兆候。薬を飲もうと思って探すと、見つからない。掃除してない部屋はモノだらけで、なかなか見つからない。いつもの病院は今日は診察が休みなので処方もしてもらえない。しかたがない、他の医者に行って処方してもらおうとも思うが、もう少し探すと、1時間目に、なんでもないところに見つかった。
急いで26錠目の薬を飲むが、頭痛強度80くらいに達しており、効かない。職場に休暇をとる旨の電話を入れる。頭痛で運転が怖い。2時間我慢しても頭痛が治まらないので、薬が溶けてないのかと思って水を2杯飲んだら、しばらく後に効いてきた。
それでもこの日はずっと頭が重い。ほとんど寝てすごす。
20:30 27錠目の薬。ずっと頭は重い。
夜は鳥取県出身の作家、桜庭一樹の「赤朽葉家の伝説」を読んで過ごす。名作!


posted by tak at 01:13| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大変ですね。 Ca拮抗薬などの予防効果はないのですか?。
Posted by ヨッシー at 2007年10月04日 15:10
群発頭痛は血管拡張で起きるようなのですが、Ca拮抗薬でさらに血管拡張させたらもっと大変なことになっちゃったりしません?
Posted by 井上拓也 at 2007年10月04日 23:45
http://homepage2.nifty.com/uoh/zutsuu/300cluster.htm#群発頭痛(まとめ)

http://www3.ocn.ne.jp/~atamaita/tiryou-cluster.htm

http://www.jhsnet.org/GUIDELINE/4/4-6.htm

http://www3.ocn.ne.jp/~atamaita/okusuri.htm

群発頭痛 専門ではないので詳しくは上記ホームページを。

片頭痛は初期の血管収縮が引き金になるのでこれを抑えておけば予防になるという理屈でしょうが、群発頭痛は効くというエビデンスがあるのは似たようなメカニズムがあるから? だとしたら予防的には逆効果ですが、エルゴタミンに予防効果があるともいわれているのは???よくわかりませんね。
Posted by ヨッシー at 2007年10月08日 13:19
Posted by ヨッシー at 2007年10月08日 13:35
なるほど、Ca拮抗薬は効くけど、保険適用外のものもあるんですね。
しかもレルパックスは週に2日以上飲むと薬による頭痛を起こす!そう言われても飲むわけにもいかず。
今度の診察のときに聞いてみます。
Posted by 井上拓也 at 2007年10月09日 01:01
一般的には、トリプタン系に予防効果は無く、心臓に対する副作用や、下手をすると脳の血管が収縮しているときに飲むと、脳梗塞とかが心配なので決して予防投与はしないものだと思ってました。少なくとも片頭痛ではそうですね。
予防はほかの方法をとられたほうがいいと思いますが、、、
最近は似たような薬の予防効果も報告されているので将来いい予防の薬ができるかもしれませんね。
Posted by ヨッシー at 2007年10月09日 06:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。