2007年10月28日

永見先生語録

本日(10/27)のジュニアオーケストラ練習にて、こどもたちに。

「曲を弾いててとっても長ーい音符を弾かなきゃいけないときがあるでしょ。これは鉄則があるんだけど、どうすればいいと思う?例えば10拍なら弓を10拍分で全部使ってしまうんじゃなくて、最後に余裕を残しておくの。そうしたら、最後のところで余った弓を感情表現に使えるでしょ」

ちなみに永見先生はダンディーな男性です。


posted by tak at 01:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。