2008年01月20日

ミンクス初参加

20080119175215.jpgミンクス室内合奏団の練習に初めて参加した。
曲はヘンデルのメサイア全曲。指揮はオペラやオケで大活躍の松岡究先生。ファーストヴァイオリンのサイドには元テレマン合奏団奏者の平井さんが座られ、お二人からピリオドアプローチに基づく素晴らしいご指導をいただいた。恥ずかしながらメサイアはこの機会に初めて触れたのだが、なんとも神々しい素晴らしい曲である。
練習後にはコンマスの吉田さんと平井さんなど計6人で飲んだ。音楽の濃い話ができた。
特に面白かったのは2つ。
1
バロックボウ(弓)は弓先に力が入らないので裏拍になるアップボウはダウンより必ず相対的に弱くなる。モダン楽器の弓ではアップもダウンと同じように弾けてしまうが、バロックボウの特性を考慮する必要がある。
2
ヨーロッパ音楽で正統な拍子は三位一体の3拍子。正統だからいわば○。正統からはみだした4拍子は○が破れたCと書く。さらにはみだした2分の2拍子はCをさらに縦線で割る。

因みに、2分の2拍子は4分の4拍子とは強拍弱拍の関係が違うから譜面の見た目は同じでも表現は必ず違えなければならないという点で見解が一致した。
posted by tak at 00:05| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。楽しいお酒になりました。料理もおいしかってですね。音楽オタクがそろうと(もちろん私はオタクの域には到底達しませんです)ああなるであろうという予想通りの展開で笑っちゃいましたです。これからもF川坊やのお相手をよろしくお願いいたします。
ところでCの意味は何かで、盛り上がってる掲示板もあるのですが、三拍子の○の不完全なC そして キリストの十字の横を取り払った │ を入れたアラブレーベというのもあって、、、、という中に
それならなぜに完全を示す○は残らないで不完全なものだけ残ったんだ、3/4ではなくて○と書くべきだ、とわめいてる人がいて面白いですね。
ミンクス室内オーケストラという名前ですのでお間違えなく、、、、
Posted by ヨッシー at 2008年01月21日 11:05
すいません、ケイタイでうろ覚えで打ってしまったもので。
とても楽しい練習、楽しい飲み会でした。
Posted by 井上拓也 at 2008年01月22日 08:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。