2008年03月30日

タイヤを換えた

20050320potenza.JPG 20080329regno.JPG

ノーマルタイヤを換えた。
ブリヂストンの、POTENZA RE050A(写真1枚目)から、REGNO GR9000(写真2枚目)に。

この2銘柄、性格は正反対である。
http://www.bridgestone.co.jp/tire/performance/index.html
RE050は超絶ハイグリップ。写真で見る角が立った感じそのまま。カーブでは横Gかかりすぎて首がだるくなるし、ステアリングの据え切りではエンジンが負けてエンストする。ドライの路面ではもちろん恐ろしい勢いでグリップするし、豪雨の中でも素晴らしいスピードで不安なく走れる(免許は不安だけど)。
その反面、タイヤノイズはものすごいし、路面のあたりは硬いし、グリップが高すぎてボディがねじれてしまう。
65000kmを超えたちょいボロ車にはもうハイグリップタイヤはきついので、コンフォート系のタイヤを選ぶことにした。

REGNOは、これまた写真で見るなで肩そのままの優しい雰囲気。タイヤノイズは確かに低いし、路面の当たりは柔らかく、ふんわりとお餅みたいな感じ(意味不明)。グリップがどれくらいかは500kmくらい走って皮むきが済まないと試せない。今の状態では全然曲がらなくてどっかに行ってしまいそうであるが、もちろんこれは本来の性能ではなかろう。皮むきが済んだころが楽しみである。

ちなみに1枚目の写真は2005年3月20日(日)8:33撮影。多分前日にタイヤ屋さんに交換に行って、翌日朝撮ったのだろう。我ながらまめだね。2枚目は2008年3月29日(土)11:25撮影。タイヤ屋さんから帰った直後。タイヤ屋さんはいつもの末広タイヤ。いつもながら素晴らしい腕前。うっかりして何も言わなかったが、ちゃんと窒素を入れてくれていた。さすが。

前のタイヤは3シーズンで20000kmちょっとしか走ってなくて、交換は相当迷ったんだが、賞味期限は完全に過ぎていたし、ボディーをいたわるためには、やはり正解であった(と思うことにしておく)。


posted by tak at 00:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。