2008年05月10日

ミンクス合宿的三連荘公演初日

9日はミンクス室内オーケストラの三連荘ゲネプロ・公演の初日。
今日は公開練習、のつもりで米子の文化ホールに着いたら、お客さん100人。まるっきりレクチャーコンサート本番公演ではないですか。ゲネプロなしいきなり本番、というのを初めて体験しました。
メンデルスゾーンのヴァイオリンコンチェルト全曲を、明日の公演でも弾く吉田先生のソロで。
その後、のだめの曲として有名になってしまったベートーヴェンの交響曲第7番を1楽章だけ。冷汗三斗。
さまざまな問題を抱えつつも両曲とも止まらず弾き終えられた。
その後、11日の倉吉公演でメンコンのマリンバ版を弾く門脇さんとのゲネプロ。細かい16分音符もすべて打撃音であからさまに聴こえて面白すぎ。
いろいろ得難い経験をした一日でした。
明日は練習は午後からなので、午前中にオタク系オッサン3人(勿論含私)で、足立美術館に横山大観見に行く予定。
posted by tak at 01:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。