2009年08月09日

inouも歩けば報に当たる+花火

2009hanabis.jpg

鳥取は狭い世間と実感したこと。

今日は朝から雨で、午後からのしゃんしゃん祭はどうなるのかなあと思いながら、取材のために市内に出て、本通りの「木の香り」でカレーを食べてたら、職場の人が入ってきて、「今日のしゃんしゃん祭、中止だってねえ。ゆるキャラのイベントだけはここのパレットとっとりのホールでやるんだって」と、重要な情報が二つも得られた。
食べ終えて、職場にカメラを取りに、若桜街道を歩いていると、向こうからN先生(ジュニアの先生でも鳥大の先生でもないコントラバスの巨匠です)が歩いてこられて、「ジュニア、練習してたよ」と。え?午後からじゃなかったの??取材を終えて、ジュニアの練習に行ってみると、午前中からやってたとのこと。知らんかった。
歩いているだけで重要な情報が得られるのが鳥取が「狭い」と思う所以である。

その話題とは全然関係なく、市民納涼花火大会。
よくもまあこの雨にやるもんだ、と思ったが、近くに行ってみたらものすごい人。見る方も根性入ってるね。
というわけで、今日の花火の写真です。


ラベル:花火
posted by tak at 23:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

花火

20090725hanabi1.JPG 20090725hanabi2.JPG

久々の完全休養日。
朝は「もう寝られない」という時間まで寝る。
とはいえ、10時には起きて、正月以来の掃除。5時までかかる。
6時半には、河原のあゆ祭りに、母、甥っ子、姪っ子と4人で出発。めちゃめちゃ間近で堪能しました。
ラベル:花火
posted by tak at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月23日

見られた日食

20090722nisshoku1.JPG 20090722nisshoku2.JPG

日食は本当は日蝕ですが、「常用漢字音訓表」の存在を基本としなければならない商売柄、日食と表記します。ご容赦を。

さて、天気が心配された日食観察、これがまた、ちょうど雲がフィルターになって、見事に肉眼で観察できたのである。とりぎん文化会館の中庭で、池(の様な水溜り)に反射させたり、石のベンチに反射させたり、雲に隠れた隙に肉眼で見たり、いろいろ工夫した。
1枚目は、直接撮影した様子。
2枚目は、近くで一緒に観察されていた方が、コンデジのディスプレーで反射させるといいことに気が付かれ、真似して撮ったもの。反射防止のフィルターがうまく利いて、輪郭がはっきり見えた。
ラベル:日記
posted by tak at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

日食は見られるか?

7月22日は、日食が起こる日。さて、観察できる天気模様だろうか。
正直言って私自身はあんまり関心なかったけど、職場の人に「記録しておかないの??」なんて言われて、一応準備してみた。
http://astro.ysc.go.jp/eclipse/solar/safe.html
職場に落ちてたポスター用の筒を使って、上記サイトを参考に、ピンホールカメラ風投影機を作ってみた。
天気がよければ、これを持って駐車場でうろうろしながら、写った像を撮影することになるだろう。周りからは相当怪しげに映るに違いない。
ラベル:日記
posted by tak at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月10日

キリンフリー愛飲中

kirinfree.JPG

自他共に認めるビール好き(認められてない?)の私が、キリンフリーを愛飲していると言ったら、「どうしちゃったの?」なんて思われるであろうか。
ちゃんと麦芽を使っているけど、アルコールはない。これがなかなかいいのである。美味いかと言われると、これが全然美味くない。むしろ、不味い。
じゃあ、何でいいのかというと、糖分がないのでビールの気分で飲めるけど、アルコールがないので酔わなくていい。昼下がりとか、夕方とか、気兼ねなく飲める。夜飲むときも、不用意に眠くならない。
今日(日付上は昨日)は、よく行くお好み焼きやに置いてあるのに気が付いて飲んだ。お店用のビンのヤツ。ビンだからといって不味さは変わらない。でも、そのあと車を運転しなければならなくても、気楽に飲める。
これが、0.1%とかの低アルコールのだと、美味いんだけどほんのり酔った気がして、とても運転していい気がしない。
というわけで、キリンフリー、結構はまってます。
ラベル:日記
posted by tak at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

世界砂像フェスティバル

20090411sandsculpture.JPG

4月18日(日)から5月31日(日)まで、鳥取砂丘オアシス広場にて、世界砂像フェスティバルが開催されます。
11日に、事前の取材に行ってきました。
写真はシンボル砂像。リチャード・バラノさんという、有名作家の作品です。
今回のイベントは、世界砂像選手権も兼ねていて、世界から10人のトップクラスの砂像彫刻家が参加しています。
写真は出せませんが、どの人の作品もすごい!今回のテーマは「童話の世界」で、どの国の代表も、自国の最も重要なネタを題材にしています。

カレン・フラリック(カナダ代表)「オゴポゴ」
ダン・ベルチャー(アメリカ代表)「ジョン・ヘンリー」
ウラジミール・クラエヴ(ロシア代表)「白鳥(サルタン皇帝の物語)」
ラドヴァン・ジヴニー(チェコ代表)「ゴーレム」
ヤン・セレン(ドイツ代表)「ごみ集め男」
マーチン・リジャース(オランダ代表)「さまよえるオランダ人」
マンセラット・クエスタ(スペイン代表)「ドン・キホーテ」
ケヴィン・クロフォード(オーストラリア代表)「ドリームタイム」
スダサン・パタナイク(インド代表)「ガネーシャ」
張永康(中国代表)「観音様を見守る竜女」

今回の作品解説のお手伝いをしたので、何とか記憶を頼りに書きました。
本物はぜひ会場で!
ラベル:日記
posted by tak at 01:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月13日

人間ドック第2回

人生で第2回目の人間ドック。初回は平成18年9月29日。
http://takmusik.seesaa.net/article/24635698.html

今回は満足の出来。

胃カメラは、のどの麻酔スプレーで少しむせたが、コツがつかめてうまく麻酔を効かせられた。
カメラを飲んでからは、体が勝手にウゲッと反応しそうになるのをうまく意志の力で制御し、飲んでから見られて出すまで、一度も気持ち悪くならなかった。むしろ気持ちいいくらい。満足。

そして、体力測定。
測定項目   2009.3.12 2006.9.29 全国平均 5段階評価
右/左手握力 41.6/44.6kg 40.6/42.5kg 48.8/48.8kg 2
垂直とび   60cm 58cm 52.2cm 4
全身反応時間 0.322秒 0.334秒 0.380秒 4
閉眼片足立ち 96秒 48秒 60秒 4
体前屈    49.5cm 47.5cm 43.0cm 4
最大酸素摂取量 39.3ml/kg/分 38.7ml/kg/分 38.2ml/kg/分 3
腹筋     23回 20回 19回 4

37歳の今年の体力年齢は、35歳! 35歳時の体力年齢が34歳だったから、実年齢は2歳年をとったが、体はその半分しか年をとっていない。
すべての項目で前回より成績が良くなっているというのも不思議である。何にもしてないんだけどなあ。

ついでに普通の健診項目。
 身体測定(BMI) 20.0(18.5-24.9)
 体脂肪率 16.9%
 血圧 114/71(90-139/0-89)
 血液一般 異常なし
 コレステロール 低め
 尿酸 問題なし
 糖尿 問題なし
 肝臓・胆道・膵臓系 ほぼ問題なし
 腎臓系 問題なし
 便潜血 なし
ラベル:日記
posted by tak at 01:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月21日

頭痛日誌

【頭痛日誌】
投薬プラン変更は正解。0時30分に薬を飲んだおかげで、8時半ごろの頭痛は回避できた。その後は、8時30分と17時30分に1粒ずつ飲む。丸一日頭痛なし。
ラベル:頭痛
posted by tak at 22:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月19日

頭痛の日々、再び

dihydergot.JPG

今朝、1年半ぶりに群発頭痛が再開した。

いったん痛みが治まってから早速鳥取市立病院に行くと、脳外科の先生は様変わり。カルテは変わっていないのでいいけど。
新しい先生に「予防的に効く薬はないでしょうか」と尋ねたら、「ジヒデルゴット1mg」を処方された。
http://www.novartis.co.jp/product/dhe/pi/pi_dhe02.html
聴き慣れない薬だけどまあいい。なんといきなり14日分も。そんなに来てほしくないのね。

薬局に行って、処方してもらったら、値段を聴いて安さにびっくり。14日分、42粒で、620円。つい薬剤師さんに「安いですねえ」と言ってしまった。1年半前に使っていたレルパックスなら10粒3,000円。前者は1日3粒、後者は1日2粒だから、1日あたりの金額で13.5分の1になる。
薬局に行く前から頭痛が再開していたので、水をもらってすぐ飲む。と、なぜかあっという間に効き始める。
午後にもう1粒飲む。たまに痛くなるが、ズキズキが10分の1くらいに感じられ、効いているのがよく分かる。

朝昼晩の食事後に1個ずつ、という飲み方が指定されているが、24時間で3粒ということなら、8時間おきに飲んだほうが良かろう。23時、7時、15時で試してみよう。
1ヶ月、憂鬱な日々が続くが、今回はこの薬と付き合ってみよう。

しかしまあ、インフルエンザが治って、やっとビールが飲めると思ったら、またもや飲めない日々。
ラベル:頭痛
posted by tak at 22:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月15日

インフルエンザだった

11日の午後から咳が出始め、12日は1日寝ていて、なんか変だと思いながら13日は仕事に出て、14日には悪寒が増してきたので医者に行ったらインフルエンザでした。
医者の指導で、16日まで自宅療養。
今日の朝も医者に行き、点滴を打ってもらって、薬を飲んだりしているうちに、病状自体はかなりよくなってきて一安心です。

なにせ、これまでインフルエンザにかかった記憶がなく、かかった印象も、風邪のちょっと強いの、みたいな感じだったので、医者に行くのが遅れてしまい、「もうタミフルも効きませんよ」といわれる始末。これでは感染爆発を防げません(マスクはしてましたが)。
以後、予防接種を受けるとか、おかしいと思ったら医者に行くとか、気をつけます。
posted by tak at 16:30| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月02日

新年はとっくに明けました

20090101.JPG

もう1月2日になっちゃいましたが、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

今年も元旦は雑用で過ぎ去って行った。
年の切り替わりは、CDやDVDのライナーノートを切って折ってパッケージに挟み込みながら、NHKの「クラシックハイライト2008」(裏番組は紅白。ってどっちが裏?)でムーティ/ウィーン・フィルの来日公演のチャイ5を聴く。ブーイングがいくつか聴こえたが、私があの席にいたならば同じことをしててもおかしくない。
自発的「初聴き」は、没後100周年のイツァーク・アルベニスの「イベリア」。アリシア・デ・ラローチャの名人芸。
その後、ベルリン・フィルのジルベスター・コンサートを見始めたら、今年もついつい最後まで見てしまった。コープランドの「古いアメリカの歌」は、大好きな歌。聴きながらジーンとしてしまった。オケ伴奏だとやかましすぎる。密やかなピアノ伴奏の方がいい。ガーシュウィンとか、ほかの曲はなんだかやかましくて耳をふさぎたい感じ。NHKかベルリンの放送局の音量レベルが高すぎる。

朝起きて、大雪にびっくり。朝の雑煮(みそ仕立て、丸もち)を食べたら、眠くなって2時間コタツでうたたね。その後DVD作業再開。DVD焼き→レーベル面印刷。
年賀状が届き、書いてない人の分を書いて、車を雪山から掘り出して、郵便局へ。路上に郵便局員が袋をもってドライブ・スルーやってくれるので楽。
家に帰って、CD焼き→レーベル面印刷。作業しながらウィーン・フィルのニュー・イヤー・コンサートも見る。バレンボイムさんは演奏もギャグも実直です。ハイドンの「告別」は、団員が、マジでバレンボイムが嫌で去っていくように見え、それをバレンボイムがマジで嘆くように見え、しゃれじゃない感じでしたよ。アナウンサーとゲストのトークは来年から無しでいいですよ、NHKさん。
今回作成したのはDVDは10枚、CDは30枚(15組)。レーベル面印刷まですべて終え、気が付いたら日付が変わって1月2日になっていましたとさ。アルベニスの続きを聴きながらこれを書いています。

<写真の解説>
鳥取中央郵便局に向かう道は、正月の常で渋滞。信号は100メートル先。車の液晶表示は、THU 1 JAN 2.5℃(路面温度)を示し、右下のイガイガが「路面が凍っている可能性があります」表示。見りゃ分かる。
ラベル:日記
posted by tak at 01:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月31日

掃除の日々

28日の第九が済み、29日からようやく自分の時間が持てる。
数年来の懸案事項の、倉庫部屋の片付け。中学以来録りためたカセットテープやら、大学オケ以来演奏してきたすべての演奏会のパート譜やら、ここ数年の演奏会のチラシやパンフやポスターの余りやら、何年分かの物を片付けた。
会議資料はすべてごみ、自分のオケでやった以外のパート譜はすべてごみ、パンフ・チラシは3部のみ残してポスターはすべてごみ、カセットテープ・ビデオテープ・LPはほぼすべて残す(苦笑)などという具合に2日がかりで片付けた。
ようやく今日は普段の自室の掃除にかかり、レコード芸術3年分とか、数年分の会議資料とかを片付け、掃除機をかけて、掃除はおしまい。部屋の半分(CD側)は手を付けられなかったが、いつだか本棚を入れたときに掃除とCDの整理をしたので今回はしなくてもいいことにしてしまう。
というわけで、3日もかけて大掃除終了!ほぼすべてのものについて「あれはここにある、あれはもう捨てた」ということが分かる状態になった。しかしまあ、自分のことながら、何でもかんでも残しておいてあることに感心してしまう。いちばん驚いたのは、大学時代に行ったこのコンサートのプログラムとともにチケットまで残してあったこと。
http://www.hmv.co.jp/product/detail/3418195
券面には「指揮:カルロス・クライバー」と印字されているんです。この話はまたいずれ。

夜は掃除したくないので、10月の鳥取市響定期演奏会のCD・DVDを作っている。29日は音の編集とジャケットのデザイン、30日はジャケットの印刷、今日はジャケットを切って折ってパッケージに装着。CD・DVDを焼くのは明日になりそうだ。

今年1年、のんびりぼんやりできる日はとても少なかったが、それも宿命。忙しかったということはつまり、ありとあらゆる皆さんにお世話になったということ。皆さん本当にありがとうございました。
来年も一緒にがんばりましょう!
posted by tak at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

奨学金完済

日本育英会(今は日本学生支援機構)の奨学金を、ようやく返済し終わった。私が幼いときに父親が亡くなったこともあり、高校3年間と大学4年間は奨学金を受けていたのだ。
それを14年間にわたって返してきた。最初のころは母親が返してくれてたんだが、母の退職後は自分で。まあ当然である。
高校のときの分は数年前に払い終え(返済額は覚えていないが)、大学の分は年12万円。月1万円は大きな額ではないけど、年間額をこの時期にまとめて払うと、冬のボーナスは大きく目減りする。
それもこれも、終わり。ようやく自分の人生が始まるような開放感がある。
posted by tak at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

大阪に砂像作りに行ってきた

20081210osakasazou.JPG

12月10日、大阪に砂像を作りに行ってきた。
http://www.hikari-renaissance.com/mt/program/west/index.html
前日の夕方6時に行くことが決まったので、高速料金がもらえず、職場の車を一人で自走し、高速を使わずに行くことになった。
つまり、いつもプライベートで行っている国道9号→国道173号(能勢街道)を使うということ。

朝は4時15分に起き、職場の車に4時45分に乗り換えて出発。池田市で渋滞にあったが、中ノ島の会場には9時20分に着いた。

砂像を彫る作業をしたが、私はこういうのが相当下手であることが発覚した。これは人に任せ、会場の片付けなどの力仕事に専念した。

夜の8時30分まで会場にいて、それから帰宅。途中食事をしつつ、翌日の0時50分に職場に帰ってきた。家に帰って寝たのは2時過ぎ。

若くはないことを実感しました。

大阪にいる方、行く方、12月13〜25日はぜひ中ノ島においでください。
posted by tak at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月29日

サラリーマンNEO第3シーズン終了

サラリーマンNEO終了.JPG

NHKの中で最高の番組(???)である、サラリーマンNEOの第3シーズンが終了した。
思えばこの半年間は、いつになくテレビを見た。
市役所に関係したドラマである「モンスター・ペアレント」と「Tomorrow」、好きなマンガのドラマ化である「あんどーなつ」。そしてこのサラリーマンNEO。と並べても、何の関連もないんですがね。というより、これを読んでいる人は誰も見てない番組かもしれませんね。
ドラマの方は、まあそれなりなんですが、このサラリーマンNEOは最高でしたね。なんというか、サラリーマンの生態の、ある意味ありがちな部分をあぶりだすと、相当おかしげなことになるというタイプのコントと、ありえない設定がリアルに描かれていて「ありえねー」と笑ってしまうタイプと、それぞれ笑わせてもらいました。

出てくる俳優がまたビッグネームも多くて、それがまた面白い。最後には草刈正雄まで出てきましたよ。

今後の復活を望む声もあるようですが、コントという性格上「より面白く」を永遠に続けることはできないし、もうこれ以上いいんじゃないかと思うので、DVDで発売してくれればそれでいいですよ。NHKさん。
ラベル:日記
posted by tak at 00:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年09月26日

占いの一種をやってみた

マイmixiの友人に釣られて、やってしまった。誤植の多い文章と、不可思議な選択肢と、妙に多い質問にめげそうになりながら、ナンとか最後まで行きました。まあ、占いというものは、たいてい当たっているように感じるものです。
1問ずつに1文が対応してそうな、シンプルなアルゴリズムっぽいですなあ。


血液型ゲノム
http://blood-genome.com/index.html

inoueさんの診断結果

真面目なO型

真面目で責任感があり誠実、良い人です。
真面目度: ★★★☆☆
マイペース度: ★★★☆☆
お調子者度: ★★☆☆☆
不思議度: ★★★☆☆
CHARACTER 性格
相手よりも上の立場にも下の立場にも振る舞うことができます。無駄使いをせずに必要な物だけを手に入れます。淡白ですね。自分のことは自分でやるという信念を持ちます。なかなか他人に理解され難い人で、あなたのことを好意的に理解してくれる相手は貴重な存在でしょう。他人に何か頼まれるとイヤとはいえない性分です。向上心をもって常に伸びようとします。また自分の考えや行動に自信を持っており、自己中心的なところがあります。ちょっとずるいところがあります。
WORK 仕事
押す時と引く時がはっきりわかれる動きをするでしょう。他者とは一線をおいて付き合い、プライベートを大事にします。尊敬できる上司や社長を求めます。プラスのあるほうに行動します。責任感が強く自分の信念があり、また論理的な結論を常に求めます。
LOVE 恋愛
臨機応変に相手の女性に合わせて行動します。また、温和で無難な付き合いを望んでいます。毎日一緒にい過ぎるとマンネリ化します。相手の女性を尊重します。お互い成長し合える関係を望みます。相手の女性に誠意をもって接しますが、空気の読み合いのようになることがあります。相手と繋がりたいという気持ちが強いです。
ラベル:日記
posted by tak at 01:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月11日

花火

20080810hanabi.JPG 20080810hanabi2.JPG

8月9日と10日は、鳥取しゃんしゃん祭の取材で、写真撮影。疲労困憊。
10日は、取材のついでに花火を見た。ついでに写真を撮ってみたら、下手すぎ。花火を撮ってるんだか煙を撮ってるんだか分からんような写真。後者はまるで恒星の爆発みたいな訳分からん写真になってしまった。
某パチンコ屋さん、BGMにリヒャルト・シュトラウスの「ツァラトゥストラはかく語りき」を使ってましたが、素敵です。もう一つの某パチンコ屋など総合産業の方も、エヴァンゲリオンの主題歌「残酷な天使のテーゼ」。これも素敵。しかも花火は格段に派手で素敵!花火がいいという一点だけで、パチンコ等産業の存在意義を強く認めます!
ラベル:日記 花火
posted by tak at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月07日

ドラマの感想

更新:リンクを1箇所貼り付けました。

Tomorrowを見た。TBS日曜夜9時。家にいたのでリアルタイムでも見れるのだが、リアルタイムで見たのはN響アワー。尾高忠明のエルガーの交響曲第1番の第1楽章は名演。アントニオ・メネゼスのエルガーのチェロ協奏曲も素晴らしい。

さて本題。
赤字の、というより、医師がいなくて破綻しかけている地方の病院のお話。主役は元医師の今は市役所職員の竹野内豊。
病院のやばさについては実は実感がなくて申し訳ないんですが、私がいつも読んでいるお医者さんが書いているブログ(レジデント初期研修用資料 http://medt00lz.s59.xrea.com/wp/)で見る限り、日本のあちこちで現実に起こっていることのようですね。
破綻を回避のためにコンサルタントみたいなお医者さんを呼んだりするのはまあいいんですが、看護婦や8年もブランクのある元医師が医療行為をしちゃうのはどうなんでしょうか。ドラマだからいいんだとかいうことでは許せないような問題のような。

それはともかく、市民のための医療VS経営のための医療、スーパースターの医療行為VS誰でもできる標準的医療行為、というような、医療には重要な論点があるようで、でもそれを解決するためにはやはりスーパースターが必要だろうとか、そういったことも含めて、医療の破綻への「処方箋」を何かしら例示してくれるんじゃないかという期待もあり、今後が楽しみ。
ラベル:日記
posted by tak at 00:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月02日

ドラマを見る

「結婚できない女」「のだめカンタービレ」以来、テレビドラマを見ていなかったのだが、今週立て続けに興味深いドラマが始まるので、録画してみることにした。
火曜22時フジテレビの「モンスターペアレント」と日曜21時TBSの「Tomorrow」。前者は市の教育委員会、後者は市立病院がテーマらしい。つまり市役所関係。それぞれ米倉涼子とか、竹野内豊とか、有名俳優が出演している。うーん、いつの間にか市行政が注目されるようになっていたのか?

というわけで、まずは「モンスターペアレント」第1回。典型的(?)モンスターペアレントが戯画的に描かれる。面白い。いやいや、これが現実なら(そして現実らしいが)面白がってちゃいけないような、身につまされる話。というか、現実から逃げずに人間社会とどう折り合いを付けていくか、いろいろ考えさせられる。ただ、どうもドラマの駆動のさせ方には違和感がある。

しかしまあ、巨大市役所とぼろい別館、仕事してなさそうな職員や妙にぴりぴりした職員、市役所も見事に典型的(?)に描かれているなあ。
ラベル:日記
posted by tak at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月23日

県文祭的1日

詳細はこちらからどうぞ。
http://torifeseast.seesaa.net/article/97598637.html
posted by tak at 00:08| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。