2009年09月20日

追悼 臼井儀人

crayonshinchan.JPG

私が始めて臼井儀人氏の作品と出会ったのは、ご他聞にもれず「クレヨンしんちゃん」。持っている単行本の奥付をみると4巻が1992年の初版本だったので、そのころ。ウィキペディアによれば、週刊誌の連載開始が1990年8月からだそうだ。単行本が出たのが1992年。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%87%BC%E4%BA%95%E5%84%80%E4%BA%BA
当時は吉田戦車など、ビッグコミックスピリッツのギャグマンガはよく知っていたが、週刊アクションなどは未知の世界。自分でもなぜ発見したのかよく覚えていないが、初めて読んで衝撃。まさに「天才現る」という感じだった。「クレヨンしんちゃん」の最初の3巻は、まさに天才のなせる業。それ以降、拡大再生産の傾向がみられるようになって、10巻くらいで買うのはやめた(と思ったら倉庫に探しに行ったら16巻まで持っていた)が、世間では常に表舞台にいた人だった。まさかあんな下ネタ満載の漫画が子供向け(?)アニメになるとは思わなかったが。
西日本の人間にとって「ばか」という表現が非常に厳しく聴こえる中、「おバカ」という表現を発見(でもなかろうが)したのは彼の功績だろう。

こないだ「クレヨンしんちゃん」の49巻が出たばかり。50巻が出たら買おうと思っていたが、こんなことになろうとは。つい最近でも映画の原作となったり、絶頂のまま世を去ることになったのは残念というよりほかない。
posted by tak at 23:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

あんどーなつ

andonuts.JPG

このシーズンになって急にドラマをあれこれ見始めていますが、「モンスターペアレント」と「Tomorrow」は2回分が済み、「あんどーなつ」は1回目が済んだところです。
モンスターペアレントとTomorrowは、ドラマ的には面白いけど、ドラマ的類型化によって元のテーマが有する問題を矮小化している気配があって、早くもちょっと残念気味。
あんどーなつは、原作のマンガがノホホンとしつつウルッと来るお話なので、ドラマもその路線で問題なし。
原作はビッグコミックオリジナルの雑誌の連載で読んでいたんですが、さすがに最初の頃がどうだったかうろ覚えなので、ついに単行本を1巻と2巻買っちゃいました。原作の方がすんなりと素朴な展開で、しかもウルッと来る度合いが多すぎ。涙腺緩みます。
7巻まで出てるんですが、ついこないだ「本は買わない」なんて宣言したのに、全部買っちゃうのも時間の問題だなあ。
posted by tak at 00:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月15日

めぞん一刻再読

maisonikkoku.JPG

最近「めぞん一刻」が新装版として復刻されている。内容はほとんど覚えているので買わなくてもいいはずなんだが、それでもついついふらふらと1〜3巻を買ってしまった。
2巻までは画質が安定する前の執筆なのだが、今読んでみるとまったく違和感はない。
また、登場人物のキャラクタライズが1巻の時点でほぼ完璧に成されていることも驚きである。特に四谷氏。彼の立ち位置は絶妙だ。

改めて読んでみると、その台詞回しの洒脱さに感嘆してしまう。スピリッツ初期の連載であり、月刊および隔週刊の頃だから、構想に時間を取れたのかもしれない。
あくまでも場面場面で登場人物が即興的にしゃべっているかのようなせりふがどんどん出てくる。
三鷹が一刻館に登場する場面で、
「三鷹です」
「四谷です」
「五代です」
と、「順番に」自己紹介するところとか。この時点で二階堂は登場していないし、朱美の名字も明かされていないので、連番になるのはこの三人だけなのである。

ちなみに、何でめぞん一刻を買うのを避けていたかというと、ノスタルジーに耽り、現実逃避してしまいそうだから。やっぱり読むんじゃなかった。といいつつ全巻そろえてしまうだろうな。

奥付を見ると、第1話がスピリッツに掲載されたのが1980年11月号とのこと。四半世紀以上も前なのか。わたしがはまってたのが中学生の頃だから、時間も経つよな。でも、内容が古びて見えないのはストーリーの根幹が「普遍的」なものであるにしてもたいしたものである。
posted by tak at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月12日

大阪豆ゴハン

osakamamegohan.JPG

ようやく大阪豆ゴハン(文庫版)を全巻読破。
サラ イネス(昔はサラ・イイネス)はマニア好みの漫画家らしくて、最近書いている「誰も寝てはならぬ」もそれなりの人気らしい。そもそも私は大好きだ。
そしてこの大阪豆ゴハン。ワイド版はずっと絶版になっていた。文庫版の1〜3巻が2002年ごろに出ていたのだが、当時は全然注目してなくてスルー。
今年の4月になって4〜6巻が出たのだが(なぜかブランクが4年)、1〜3巻はすでに在庫切れ。でも、きっとマニアが再発売要望するだろうと待っていたら、やはり2刷で再発売された。

大阪の人々の生態をコテコテと書き綴っていくしみじみ面白い漫画である。会話は99%が大阪弁で書かれているので、読んでいるこちらも大阪弁でしゃべってしまいそうになってまう、いや、なってしまう。困ったもんやね。

また、時代時代の雰囲気をそのまま伝えるような内容であるのも、気まぐれコンセプトクロニクルと同様に意義深い。
http://takmusik.seesaa.net/archives/20070202-1.html
特に、阪神大震災の回はいつものおふざけがなく、シンとして身の引き締まるような話であった。
ラベル:サラ イネス
posted by tak at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年03月13日

1ポンドの福音

1pound.JPG

高橋留美子の中断していた漫画「1ポンドの福音」が完結した。3巻までが10年以上前に出ていたんだが、今月に4巻が出て完結。

ハードパンチャーなのに減量下手というダメダメなボクサーが、恋しちゃいけないシスターに恋をした、みたいな話なんだが、そのごちゃごちゃした設定ですでに失敗しているような気がする。感じとしては「めぞん一刻」の4倍希釈みたいな薄〜い話。きっと誰も知らないよね。
でもいいんだよなあ。高橋留美子ってストーリーと関係ないところでのボケ具合とかシリアスとコメディの絶妙な融合とかが職人的だ。
ちなみにまあ結末は話が始まったハナから予想できた通りのハッピーエンド。そのステレオタイプに微妙にはずしを入れるために完結に時間がかかっちゃったのか、それともみんなが存在を忘れてたのか。

これこそ全国300人くらいの「1ポンドの福音」にはまさに「福音」でした。
しかし、中断の経緯も完結のきっかけも何も書いてないんだよなあ。なんなんでしょ。
ラベル:日記
posted by tak at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月23日

精神と原典

今日の話題はマンガ読まない人には全然つまらないかも。ごめんね。

大学生のころは立ち読みでずいぶんいろんなマンガ雑誌を読みつつ、ビッグコミック・スピリッツだけは買って読んでいた。
いつごろからかふとビッグコミック・オリジナルも読むようになり、以後欠かさずこの2誌は読んでいる。

大学生のころはなんとなくスピリッツは人気雑誌で、オリジナルは大人向けで発行部数も大人し目という印象があったのだが、最近両誌の発行部数を見て驚いた。
http://www.j-magazine.or.jp/data_001/index.htmlの左の「男性向けコミック誌」をクリックしてほしい。
部数算定期間−2005年9月1日〜2006年8月31日の積算のようだが、オリジナルはスピリッツの2倍の部数を販売している!しかも、スピリッツは毎週、オリジナルは月2回だから、年間の発行巻数はオリジナルが半分。
ということは、1回あたりの販売でオリジナルはスピリッツの4倍を売っているというわけだ。

最近、スピリッツは発売日に手に入れないときれいな(立ち読みされていない)ものを買うのが非常に難しくなっていたのだが、売り切れているのではなく、そもそも店にあまり多く置いてないのだ。対照的にオリジナルは、発売日の5日と20日には、どこの書店もコンビにも山積みなんである。
しかも、読者の年齢構成があまり変わらないのだ。
オリジナル http://www.j-magazine.or.jp/data_002/b_shoga_borig.html
スピリッツ http://www.j-magazine.or.jp/data_002/b_shoga_bsupi.html
いやまあ、全然違うが、ピークがまさに我々の年代。スピリッツは若者雑誌、オリジナルはおじさん雑誌と思っていたが意外。というより、我々の年代が学生のころからずるずると読み続けいているだけかもしれない。おそらくそれにより、読者のターゲットとして20歳と35歳の両方を見なければならなくなり、連載構成にひずみが生じてきているのだろう。

発行部数は、内容の濃さと微妙に正比例しているように感じる。オリジナルの連載には隙がない。が、スピリッツではすべてに満足しているわけではない。

なんというか、栄枯盛衰、盛者必衰。
ラベル:日記
posted by tak at 00:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月15日

のだめカンタービレ#17

今日発売、今日購入、今日読了。
おもしろい。が、苦いストーリー展開。生みの苦しみ(?)。親子の葛藤。
でもまあ、それは私にとってはおまけだ。興味は、音楽がどれだけ描けているか。

今回の巻では、「指揮者」の在り様を多面的に描いていたのがよかった。
オーケストラのメンバーにとって、指揮者がどれだけ影響力が強いか。どんなリハーサルなり練習が必要なのか。どれだけナーバスになるのか。なぜ振り間違えるのか。なぜ雑用をしてはいけないのか(?)。
指揮者への指南書みたい。初期の展開から比べるとずいぶん遠くまで来たものだと感慨にふける。

表紙のチューバの彩色は見事。
ラベル:のだめ
posted by tak at 00:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

気まぐれコンセプトクロニクルその2

今日はそんなにネタがないので、昨日の続き。
今日読んだのは、91〜95年。まさに大学生活のころ。私の大学のころは、初年度がバブルの頂点、それ以降は不況期で、クリスマスのころの街の飾り付けがあからさまに寂しくなって驚いた記憶がある。
この間の気まぐれコンセプトの中では、インターネットも携帯電話もまだまだ少数派。もう10年も前だもんね。今やそれらが使えない状況を想像できなくなってしまった。

ちなみに鳥取は昨日の夜から今日にかけてかなり雪が降りました。10センチくらい?寒いの何のって。明日大阪に行くのに峠は越えられるだろうか。
ラベル:日記
posted by tak at 00:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月02日

気まぐれコンセプトクロニクル

kimagureconcept.JPG

ようやく手に入れた気まぐれコンセプト。
厚い!
ようやく1990年(200ページくらい)まで読んだところだ。私の大学入学の頃。まだ読んだのを覚えている話は出てこない。

しかしこれは、永久保存すべき現代史の歴史書だね。それも普通であれば風化していく「流行」に関する歴史。2006〜7年の記録とともに残しておけば、30年後くらいに相当の価値が出てくるんじゃなかろうか。

画像は元原稿からスキャンしてデジタル処理され、文字も打ち直してあり、非常に美しい。なぜそれがわかるかというと、200ページまでに、元原がなくて雑誌からコピーしたと思われる話が1本、下の文字がずれて見えてるのが1本あるから。
下に注釈が付いているんだが、1本間違ったところについているのもある。これも初版本のみの貴重(?)なミス。

しかし今井書店さん、インターネットで注文したら「在庫あり」なんて、この本どこに置いてたんでしょうか。コミックじゃなくて一般書だっけ。
ラベル:日記
posted by tak at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月19日

のだめ第10回

petrouchka.JPG

今日の名言。
「またダメバージョンか。もう訳分からん。」

今回の本来の主役は何と言ってもシューマンのソナタだろう。あの焦燥感に満ちた音楽に登場人物の心情がぴったりと寄り添う。
本選のシューマンは凄い演奏。バリうま練習バージョンも十分素晴らしいが、本選のテイクはさらに流れがいい。

さて、ペトルーシュカ。今日の料理をちゃんと使っていた。とてもいいつながりで。というかドラマのプロット上は最悪のつながりで。
あの罪のない音楽が何と罪に聴こえることか。原作上で想定していた以上の効果だったのではないかと思う。あのペトルーシュカチックに演奏される今日の料理にはドラマの中の人のように本心でがっかりしてしまった。なんでそこでそんなことになっちゃうんだ、と。ドラマを見ていることを一瞬忘れてしまった。

さて、原作上最も谷底である暗く苦々しい(もっともドラマらしい)エピソードは終わった。これからはいつも上向き加減。ちょうどいいところで終わりそうだ。
視聴率的成績が良ければぜひ特別編でヨーロッパエピソードを作ってくださいね。

というわけで写真は久々に引っ張り出して聴いたペトルーシュカのピアノ版。マウリツィオ・ポリーニの名盤です。

ところで、19日のミュージックプラザ(朝の再放送)の1曲目はのだめで再三流れているドヴォルザークの「チェコ組曲」ですな。選曲にドラマの影響あったんでしょうか。他の曲もかなり風変わりな感じです。
http://cgi4.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2006-12-19&ch=07&eid=1110
ラベル:のだめ
posted by tak at 00:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

のだめ第4回

祝プリごろ太アニメ化!
いわゆる劇中劇であるプリごろ太が精巧にアニメ化されている。

今回放送分の頃の漫画上の展開で、どうも分かりにくいエピソードがいくつかあったのだが、ドラマ化する段階で、演出上の強調が施され、すんなりと話が進展していって心地好い。

つまり、カズオが千秋のメタファー化されるシーンと、シュトレーゼマンが指揮をせずに逃げ出すシーン。
前者は、アニメとして成立するように話を膨らませたおかげでカズオのキャラクタライズが明確になっている。
後者は、竹中直人の表情の妙で、千秋がお客さんの心を持っていったのを見て自分が出ない方が安全と考えてほっぽって行ってしまう様子がすんなり飲み込める。

逆に、音楽的な面ではやはり違和感がぬぐえない。
最大の問題は、Sオケが出す音(というか別録りされたオケの音)が大人の音がしていることだ。いくらなんでもあれは学生の出す音ではないだろう。分別がありすぎる。オーボエとか茂木大輔じゃないの?
変な音だったとしても、ドラマのあのメンバーの音を出しても良かったのになあ。

久しぶりにマンガを読み直して気がついたが、ドラマ化するに当たってエピソードの順番を入れ替えたり枝葉を落としたりして、ドラマとしてのスピード感を出すことに成功している。プロの仕事だ。
ラベル:のだめ
posted by tak at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月03日

サルまん

saruman.JPG

「サルまん」とは言うまでもなく(ホントに言うまでもないのか?)「サルでも描けるまんが教室」のことだ。相原コージ氏、竹熊健太郎氏共著。
ビッグコミック・スピリッツでリアルタイムで読んでいたし、10年前に出た新装版も持っているので、2週間くらい前に新装再版されることを知ったときはなんとも思わなかったのだが、いざ書店に並んでいるのを見たら、つい買ってしまった。

もちろん内容は古今東西まれに見る奇書であり、その奇書っぷりは先ごろ出た吾妻ひでおの「失踪日記」とタメを張るくらいだが、これを15年も前に書いていたということ自体がびっくりである。ここまで制作に時間のかかりそうなマンガも今や少なかろう。
劇中劇である「とんち番長」を完全形で読んでみたいものだ。

初版が少ないそうなので、鳥取ではあっという間に売り切れてしまうかもしれない。そうであればむしろ私なんかが買うべきではなかろうが、再版されて話題になるのなら少しは役に立てるだろう。

著者の一人、竹熊健太郎氏はブログを書いておられる。オタクの鑑のような内容である。
http://takekuma.cocolog-nifty.com/blog/
ラベル:日記
posted by tak at 00:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月03日

月館の殺人

tsukidate.JPG

天才漫画家、佐々木倫子と綾辻行人氏が描くテツ道+ミステリー漫画の下巻が発刊。最高!
何が最高って、テツの人たちのオタクっぷりの描き方がたまらん!
いちばん面白かったのが、オタクが高じて自分でダイヤ編成を手がけはじめ、それがJRに採用されたなんて話。まあフィクションかどうかよう分からんが、いかにもありそう。

佐々木倫子氏と言えばすなわち「動物のお医者さん」だが、私の中では殿堂入りだ。
殿堂入りとは、すべての設定が頭に入ってしまっていて、もう読んでも新しい発見はなく、読まなくても何の問題もない漫画。というか、いつでも反芻でき、読まなくても楽しめる。なんというか空想癖、妄想癖炸裂みたいな感じだな。
殿堂入り1号は「めぞん一刻」、2号がこの「動物のお医者さん」、3号は「ギャラリー・フェイク」だ。4号はたぶんサラ イネスの「誰も寝てはならぬ」だろう。って何の話だっけ。

ちなみに、私はテツではないが、テツの人には憧れる。なぜ踏み入れないかというと、クラヲタ道ですでにその道の険しいことを身にしみているから。それに費用がかかりすぎる。車オタクも同様につま先程度で我慢している。
だから、私に「ジャズとかポップスとかは聴かないんですか」なんて聞かないでね。聞かれるといつも「聴き出すとクラシックみたいにはまるのが分かってるから止めてるんです!」と答えてます。だれもそんな答えは期待してないのに。。。

ところで、この月館の殺人(下)が発刊されているのはコンビニで発見したんだが、それを見てすぐ「面倒だけど書店に買いに行くかな」と思いつき、車まで行って「いやいやこのコンビニならあんな漫画誰も『触って』ないだろう」と思い直し、コンビニで買った自分に、「結婚できない男」の桑野氏のダークサイドがばっちりオーバーラップしてしまいました。。。
ラベル:日記
posted by tak at 00:10| Comment(0) | TrackBack(2) | 漫画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。