2008年10月28日

ザンデルリンク/ロットのマーラー#4

sanderlingmahler4.JPG

クルト・ザンデルリンクがフェリシティ・ロットと録音したマーラーの4番。オーケストラはBBCノーザン交響楽団。いまはBBCフィルだっけ。
1978年4月17日、マンチェスターのBBCスタジオでの録音。

最初にモーツァルトのドン・ジョバンニ序曲。ベートーヴェンのように強靭なモーツァルト。これを聴くと、モーツァルトを軽やかに演奏するのが絶対ではなく、厚く強靭な音でも音楽が成立するのだ、という発見がある。
ザンデルリンクのマーラーは、9番と10番が有名だが、4番の録音が発売されるのは初めて。4番というと「浮遊感」を思い浮かべるが、ここでも強靭。トロンボーンなしの二管編成なのに、巨大にオケが鳴る。4楽章になって初めて浮遊感が生まれる。30歳(!)のフェリシティ・ロットの歌声は、今よりむしろどっしりした感じだが、声は初々しい。

2008年10月25日

ザンデルリンクのブラームス/ピアノ協奏曲#1

sanderling_brahmspcon1.JPG

最近出たEMIの"classics for pleasure" シリーズの1組。

ブラームス
・ピアノ協奏曲第1番 ピアノ:マルティノ・ティリモ 指揮:クルト・ザンデルリンク ロンドン・フィル
・ピアノ協奏曲第2番 ピアノ:マルティノ・ティリモ 指揮:ヨエル・レヴィ ロンドン・フィル
・ピアノ四重奏曲第1番(シェーンベルク管弦楽編曲版) 指揮:サイモン・ラトル バーミンガム市響

ザンデルリンク先生の1番のコンチェルトは、すでに二つ持っている。79年のハンス・リヒター=ハーザーと、97年のエレーヌ・グリモー。どちらも名盤で、あえてもう一つ買うこともなかったなあと思うが、このEMI録音もいい演奏。オケのエッジが立っている。が、録音は最悪。ピアノはあんまり聴いてないので、どうだったかなあ。
2番は、ジューシーなピアノにさらにジューシーなオケで、これはブラームスではないなあ。私の好みでは全くない。
続けて入っているラトルのピアノ四重奏曲管弦楽編曲版もなぜか良く似たジューシーな演奏なのだが、これはまあ曲想に合っているので、名演といって差し支えない。だが私の好みはカリカリに硬派のドホナーニの演奏なので、「癒されたい」と思うとき以外(?)はラトルを聴くことはなさそう。

ジャケットは、フリードリヒの「雲海の上の旅人」。ブラームスとは合わない気がするんだが。

ところで、24日の夜は鳥取大学で鳥大フィルの練習に参加していたんだが、帰りがけ、マンドリンクラブと思しき集団がリーダーと思しき人の訓話を聴いていた。リーダー曰く「もっとメトロを使って基礎練習をやって…」。メトロ?鳥取には地下鉄はないぞ。もしかして、メトロノームのことか?そんな発想はなかったわ。

2007年11月12日

ザンデルリンクの言葉

クルト・ザンデルリンク翁の95歳の誕生日を記念してベルリナー・ツァイトゥング紙にインタビューが掲載されたそうで、ベルリン中央駅(http://berlinhbf.exblog.jp/6718613/)のブログを通じてTakuya in Tokyo(http://blog.livedoor.jp/takuya1975/)のサイトに日本語訳が紹介されているのを知った(お二人のサイトは以前から興味深く拝読している)。
というわけでインタビュー。
その1(http://blog.livedoor.jp/takuya1975/archives/50676008.html
その2(http://blog.livedoor.jp/takuya1975/archives/50676388.html
その3(http://blog.livedoor.jp/takuya1975/archives/50676965.html

ザンデルリンクの飾らなさ、率直さ、謙虚さに胸が打たれる。
ザンデルリンクの実演は、1999年に2日続けて同じコンサートを見ただけだが、これはもう一生の思い出である(http://takmusik.seesaa.net/article/54803658.html)。

2007年09月11日

ザンデルリンクのブラームス

sanderling_MPHIL.JPG

最近絶好調のWeitblickから発売された、ザンデルリンクのブラームスの交響曲第4番。

1999年の3月だっただろうか、ザンデルリンクを聴きたくて初めて渡欧した。そのときの公演は、シュトゥットガルト国立歌劇場管弦楽団とのコンサートで、大学の先輩がちょうどシュトゥットガルトに留学しておられ、その方を頼って、4泊も泊めてもらって、ザンデルリンクの指揮でショスタコーヴィチのチェロコンチェルトの2番(彼の末の息子がソロ)とブラームスを、2日とも聴いた。
本来ブラームスの4番は、巨大さとは無縁だが、そこで聴けた音楽は恐ろしいほどの壮大さを持ち、それがまたこの曲の一面を正確に表していると感じられた。
ちなみにこのときは4日ともシュトゥットガルトにいて、初日は先輩の車でチューリヒ・オペラに遠征して、ホセ・クーラの歌う「アンドレア・シェニエ」、現地メンバーでマタイ受難曲、そしてザンデルリンク2日連続、という贅沢な日々であった。

さてこのCD、私が聴いたザンデルリンクよりも15年も前の録音である。
プログラムをよく見れば3大Bでそろえてある。
1曲目のエグモントから全力投球、力強くかつ柔らかくてミクロに見れば細やかで、マクロに見ればスケールが大きいザンデルリンクの特長のままの演奏である。
2曲目のバッハは編成を小さくし、目のつんだ凝縮力のある、しかも今にも火の付きそうなホットな演奏である。もちろんピリオド・アプローチではないが、さりとてべたべたふにゃふにゃなモダン・スタイルでもない。この凝縮力、緊張感が東独の指揮者たるザンデルリンクのさせる業だろうか。
メインのブラームスは、極上。99年の最晩年にはもっといろいろやっていたが、この頃はある意味ストレート。でもこんな巨大なブラームスを聴かせる指揮者は少ないだろう。

この頃のミュンヘン・フィルは、チェリビダッケの治世の最初の頃。楽員のレベルが高い頃である。オケのうまさあってこその名演である。

音質は極上。ライブの空気を伝えるすばらしい録音である。

某日本人の書いた解説は何の役にも立たない。初心者が買う類のCDじゃないんだからザンデルリンクの一般論を述べてもしょうがなかろう。ザンデルリンクとミュンヘン・フィルの組み合わせは珍しいのだから、どれくらいの頻度でどんな公演をしていたか書いたほうがよっぽど役に立つ。


Kurt Sanderling
Münchner Philharmoniker

Ludwig van Beethoven
Egmont Ouvertüre op.84

Johann Sebastian Bach
Konsert für 2 Violinen, Streicher und Continuo d-moll, BWV1043
Violine: Ingo Sinnhoffer, Sreten Krstic, Cembalo: Albert Müller

Johannes Brahms
Sinfonie Nr.4 e-moll, op.98

1984.12.23, Herkulessaal

Weitblick

2006年10月20日

ザンデルリンクとベルリン・フィル

sanderling_BPO.JPG

ベルリン・フィルの自主制作で、ベルリンの放送局に眠るお宝音源を集めた12枚シリーズ "IM TAKT DER ZEIT" の中の1枚。
ザンデルリンクとベルリン・フィルの「熊」とタコ15。いわゆる「正規盤初CD化」というやつだ。

ハイドン。
第1楽章第1主題のダガダッダッダッというリズムの弾み具合。輝かしさの方向性。こういうぶぶんで、ベルリン・フィルというオケは本当に上手い。
小編成に聴こえるが、それでも巨大な音が出ている。
だが、3楽章までは野暮ったさがぬぐいきれていない。そう、なんだか音が厚くて野暮ったく聴こえてしまうオケなのだ。
ところが、4楽章、上手すぎ!急にさわやかな風が吹き始めるように、なにかオケの中の空気が変わる。こういうところで、やっぱり上手いんだなあと感じてしまう。
フィルハーモニーの大ホールらしく、見えない膜に覆われて本当の生音に触れないじれったさがあるが、それがまた本当にあのホールの中で聴いているリアリティがあってよい。でも、あのホールで聴いたことのない人には不満があるんじゃなかろうか。

ショスタコーヴィチ。
1楽章、ザザザンッとか鳴る音の「ンッ」の部分の美しさ。ホールの響きのよさとオケの音程の良さか。
テュッティでの縦の線の正確さと音圧の凄さ。
2楽章のチェロ・ソロ、トロンボーン・ソロ。本当に上手い。
いちばんシリアスな場面での合奏力、音圧も本当に凄い。でも本当にシリアスになりきれているだろうか。
3楽章はいい。シリアスになりきれている。漂う空気が「ソヴィエト時代」を髣髴とさせる(知らんけどね)。
4楽章の最初のワーグナーの引用部分は、ちゃんとワーグナーの楽劇の雰囲気が漂う。ザンデルリンクもベルリン・フィルもオペラをほとんど演奏しないにもかかわらず。
トリスタンの引用が終わって主部のテンポは、いつもと同じく遅いが、遅いなりにスピード感があるのがいい。
ハイドンの「ロンドン交響曲」の引用があるところも素晴らしい合奏力と音圧。ハイドンではポーズとしての悲劇だったのが、ショスタコーヴィチでは本当の悲劇が降りかかる。それもきちんと表現し尽くす。

総体として、ライブの限界も感じてしまうが、充分満足。


IM TAKT DER ZEIT

Kurt Sanderling
Berliner Philharmonisches Orchester

Joseph Haydn
Symphonie Nr.82 C-Dur "L'Ours"
1997.6.9, Berlin, Philharmonie, Live

Dmitri Schostakowitsch
Symphonie Nr.15 A-Dur op.141
1999.3.16, Berlin, Philharmonie, Live

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。