2007年08月16日

パンク未然防止

帰り道、車を運転していて、どうも周期的な怪しい音がする。音の周期は、速度と同調して早くなったり遅くなったりするし。以前のこと(http://takmusik.seesaa.net/article/32054959.html)があったので、これはやばいかも、と思ったんだが、腹は減ってるし暑いし暗いし、エンジンの調子が悪いせいかもしれないし、なんて思って、とりあえず引き上げた。

夜になってどうにも気になってしょうがないので、先ほど懐中電灯とキーを持ってチェックしに行ってきたら、案の定、ねじが刺さっていました(写真撮っとけばよかった)。取り外しても空気の抜ける音はしないので、深い傷ではなさそうだ。
前回は左後輪だったけど今回は右後輪。どうも前輪が跳ね上げたモノが後輪に刺さるらしい。

前回のパンクのあとのタイヤ交換で、タイヤの具合を念入りに調べたときに思ったんだが、今付けているPOTENZA RE050Aのようなハイグリップ系タイヤってのは、コンパウンドがとても粘っこくて、石とかを吸着しやすく、いったん取り込んだら離さないような構造になっている。だから、刺さったものが自然に外れるということは少なそうだ。つまりグリップのいいタイヤはパンクしやすいのではなかろうか。
パンクした車を見ることは案外多く、スペア用のほっそいタイヤを付けている車やら、路肩でタイヤ交換している人やら、10日に1回くらいは見る。

車に乗る方、周期的な鈍い音は要注意ですぞ。タイヤに石とか釘とか刺さってるかも。


posted by tak at 01:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月28日

55555

55555.jpg

4年と4ヶ月弱で、55,555km到達。その直前にオイル交換を終え、エンジンも絶好調。
最近車で遊ぶのが、家の近くにある1kmの直線で、適当なポイントでギアをニュートラルに入れて、「惰行」状態で走って、信号にちょうど止まる「逆チキンレース」。微妙な勾配があるのでなかなか難しい。今日はいい線行ったが、ブレーキを踏まなければあと20mばかり先まで行っただろう。
ちなみにオートマの皆さんはニュートラルで空走するとトランスミッションを壊しますので、良い子はまねしないでね。

今日は健康診断を受けたが、ほぼ異常なし。ただ、血中のコレステロール値が低すぎるらしい。いつも腹いっぱいご飯を食べているのに、何でだ?

晩飯は、「ももちゃんラーメン」の安長店。餃子と牛すじラーメン。絶品。
店長さんに大音声でとくとくとパチンコの勝ち方について話していたお客さんが、「今の政治はおかしい。近々○○○○○を爆破する計画があるとチラッと聞いた」なんて話し出す。何じゃそりゃ?
posted by tak at 01:34| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月19日

55156

55156.JPG

今晩の帰宅途中、信号待ちのときに撮ったメーター。
距離は55,156kmを過ぎたところ。
何でそんな写真をわざわざ撮るかって?

Go, go, 156! だから。
posted by tak at 00:39| Comment(0) | TrackBack(1) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

代休

alfa_20070411.JPG

こないだの日曜日に1日労働したので、今日は代休。

といっても朝からとりあえず職場には出る。1時間だけいて、メールのチェックとか細々としたことを済ませて、次の用事へ。

まずは青少年の弦楽器講座の実行委員会。便宜的に座長を務めて、濃密なギロンを経て予定通り2時間ちょっとで完了。

お昼を食べて、今朝紛失が発覚した月極めで借りている駐車場のパスカードの再発行に事務所に。もしやと思って「パスカード届いてないですかねえ」と聴いたら、ちゃんと事務所に届けてあった!出口の機械にカードを入れたまま抜くのを忘れたらしい。何と間抜けなことか。でも良かった。
そう言えばYahoo!占いでも獅子座は「無くした財布が意外なところから出て来たり」なんて書いてある。日本全国の獅子座の人はいろんな探し物を発見したことだろう(?)。

その後放送大学に行って、受講科目のテープを借り、受講してない科目のCDを聴く。麗しい女性講師の声を聴きながらうたた寝してしまった。

帰ってから、久々の洗車。前回はワックスをかけていないので、ワックスをかけるのは半年振りくらいか。ワックスをかけても塗装の保護にはならないし、本当は専用の粘土で鉄粉を除去してからじゃないと塗装全体を傷つけてしまうとは分かっていながら、でも見た目はきれいなのでワックスをかける。
成果は写真の通り。深く満足。

あとは、姪っ子とトランプしたり、燃費計算したり、放送大学の受講科目のテープを視聴したり。のんびりというよりは引きこもりがちな休日の宵であった。

ちなみに、これまでの累計燃費は9.1km/l。私の走行パターンから推定した100,000km到達日は2011年2月27日であった。
posted by tak at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年02月11日

車が帰ってきた

12ヶ月点検に出していた車が帰ってきた。というか取りに行った。月曜日の夕方に出したので、5日ぶり。
車を受け取ってすぐに乗り出した瞬間の、左ハンドル・マニュアルの違和感のおびただしいことと言ったらもう。本当に俺はこんな運転しにくい車を運転していたのか?なんて思ったりした。
ところが、その後ジュニアオーケストラの指導を3時間ほどして、終わって車に乗り込むと、あらまあ、1週間前の「いつもの」感覚がすっかり戻っている。左ハンドルもマニュアルも快適極まりない。人の感覚というのは不思議なものだ。

ちなみに、交換したパーツを見せてもらったが、今回はワイパーブレード、エアコン・フィルター、エアクリーナーのフィルター、ブレーキパッドを交換し、ブレーキローターを研磨したとのこと。オイル交換もついでにしてもらっているはずだ。
もちろんいつものようにアラインメントの取り直し、各部増し締めもしてくれているようで、足回りの自然さやボディの剛性感も戻った気がする。だからいつも点検のたびに惚れ直してしまうのだ。

ついこないだ50,000kmを超えたところだが、車の寿命は10年10万キロと言われるので、一般的には折り返し点を過ぎたところだ。アルファ・ロメオ社創立100周年(2010年)までは必ず乗りたいが、その後はパーツの入荷具合と相談で乗り続けるかどうか決めることになるんだろう。前の世代の155もまだ走っているのでまだまだ大丈夫とは思うけどね。
posted by tak at 00:19| Comment(2) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月26日

パンク後日譚

dunlopdsx.jpg

朝の通勤時にいつものガソリンスタンドに寄って、タイヤを見てもらった。
やはり盛大に空気漏れしていて、裂け目も見える。
このタイヤはもう4シーズン目で、タイヤ溝もスノータイヤとしての使用限界。「修理できなくもないけどスノータイヤとしての意味はない」という店員さんのコメントであっさり全輪交換を決断。
幸いタイヤの卸業者に在庫があったようで、お昼には付け替え完了。銘柄はダンロップのDSX。なんだか広告も派手派手です。
http://tyre.dunlop.co.jp/tyre/lineup/studless/top.html
しかしスタッドレスタイヤって高いんですねえ。相当勉強してもらいましたが、古タイヤ処理費・工賃込みで1本3万円×4本。あの世界最高強烈グリップのブリヂストンのPOTENZA RE050よりも全然高いです。やっぱりスタッドレスタイヤってあの細かいサイプを刻むのは大変なんだろうなあ。


おまけ

百式さんのブログ、pop*popの今日のエントリー、何面まで解ける?頭の体操に最適な『ハッカーパズル』が面白い!

内容はリンク先の通りです。IQテストみたいな感じだね。
ちなみに私は全部解けました。って言っても独力じゃなくて、Wikipediaを駆使しまくり。

あんまりネタばらししてもいけないんだけど、よくできてます、これ。
数字の代わりになる単語やら外国語、文字遊びを駆使しているんだけど、2箇所「あれ?」と思わせるところがある。
1つは、ドイツ語の次にまたドイツ語にそっくりの単語が出るところ。もう1つは、フィボナッチ数列でそのものの数字が数列に出ていて一瞬何をすればいいのか分からなくなるところ。
どうしても分からない方にはお教えできますので。
posted by tak at 00:30| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月25日

パンク

やられた。車のタイヤがパンクした。

家まであと3kmくらいのところで、なんだか左側のタイヤがゴトゴトするなあと思っていたら、家についてみると左の後輪がプッシュウーと盛大に空気が漏れている。
どうやら鋭い金属か石かが刺さったまま1kmくらい走って、それがどこかで抜け落ちたらしい。後輪だったことも幸いした。前輪と後輪では荷重が2対1くらい違うのだ。前輪だったら家まで持たなかったかもしれない。

夜も遅いし(11時くらい)明日にしようかと一瞬思ったが、家の駐車場は砂利敷きなので、その場ではジャッキアップができない。完全に空気が漏れたまま1日置いてホイールが変形したらさらに被害甚大である。意を決して車を外の舗装路(いつもタイヤ交換するところ)まで出し、トランクから手探りでジャッキを取り出し、ジャッキアップした。

それからスーツを着替えて風呂に行く用意をして、夏タイヤを出し、ボックスレンチを出し、タイヤ交換した。
タイヤ交換で一番重要なのは、ボルトをねじ込むときである。ちょっとでも斜めにして無理にねじ込むと、ねじ山をなめてしまい、ボルトもハブも使い物にならなくなってしまう。実際とあるサイトでそういうことをしてしまった人の文章を見たことがある。
幸いタイヤ交換はもう何度も何度もやっているので、手が感触を覚えている。暗くはあるが街灯もあり、素手であれば感触もよく分かるので、難なく終了。といっても、目視で確認できていないので不安がある。前輪が無問題とも限らない。

とりあえず明日の朝ガソリンスタンドに持っていって、パンク修理でいけるならそれで、だめならちょうど冬タイヤも古くなったことだし、全交換することにしよう。
posted by tak at 00:07| Comment(0) | TrackBack(1) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月27日

夏の持病・冬の持病

これ、私のことではなくて、車のことです。
イタリア娘(アルファ・ロメオ156)はホントに気まぐれで気難しくて、完調であるためしがない。

夏の持病とは、オーディオ半分しか聴こえない症候群。夏の間は左側(運転席側)から音が出ない(ことが多い)んである。実はほかの人の車でもよくあるらしいことはmixiで知った。基本的にはドアの部分のコネクタの接触不良らしい。湿度が高ければ高いほど聴こえなくなる確率が高い。
最初はいいのに聴いてるうちに右側からしか聴こえなくなると、まるで意識が遠のいていくかのような錯覚を感じ、運転にも支障を来たしそうになる(ちょっと大げさ)。
最近では、オーディオの調子が悪くなったら梅雨入りを覚悟し、良くなったら秋が来たのを喜ぶようになった。

そしてこの時期、冬の持病はドアボタン戻ってこない症候群。156のドアは出っ張ったボタンを押して開くのだが、寒くなるとボタンを押したら引っ込んだまんま戻ってこなくなって、ドアが閉められなくなる。
このボタンがキーの差込口になっていて、キーを差し込んだらボタンはまた出てくるので、そんなに致命傷ではない。
それでも困るのが、
・エンジンをかけたままいったんドアを閉めて霜落としの作業をしてドアを開けようと思ったらボタンが戻ってこなくて結局エンジンを切ってキーで解除しなければならなくなる。
・助手席も引っ込んだままになるので、キーを持ってあっちに行ったりこっちに行ったりする。
原因はこのキーの部分の素材の違いによる膨張率の違いだと思う。外側は相当軟らかなアルミのカバーで(普通にキーを差し込んで回しただけでゆがんでしまった!)、周りの鉄よりよく広がるのだろう。

そうそう、最近の車はスマートキーとかキーレスエントリーとかいうことになってるらしいですね。もちろんそんなのありません。リモコンキーではありますが。ちなみにドアミラーも手でガッコンとしないと閉じません。

というように、相当アナログ感あふれるというか、人間味あふれるというか。そこがいいんだけどね。
posted by tak at 00:57| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

アルファ・ロメオのお茶目

alfa_20061002.JPG

写真はダッシュボード上の車載コンピュータの表示画面。

なかなか優秀で、写真の中では日付と路面温度(気温ではない)のみ表示しているが、そのほか、残りのガソリンで行ける距離、前回数値をキャンセルしてから走った距離(A)、平均燃費(A)、現在瞬間燃費(A)、平均時速(A)、走行時間(A)と、もう1系統の積算で走行距離(B)、平均燃費(B)、平均時速(B)、走行時間(B)が計測されていて、順番に表示できる。Aトリップをそのまま生かしつつBトリップのみキャンセルできる。またBトリップは2時間エンジンを切っていたら自動的にキャンセルされる。
つまり、Aトリップは給油のスパンの中ではキャンセルせずに使って平均燃費を確認し、Bトリップでは今何キロ走ったか、何時間走ったか確認できる。

さらに、現在は英語表記だが、イタリア語は当然、フランス語、スペイン語、ポルトガル語、ドイツ語などにも変更できる。

さて、画面をよーく見ると、"MON"は月曜日、"2"は2日だが、"OKT"は?英語なら"OCT"じゃないの?そう、これは2002, 2003年モデル特有のバグなのだ。というよりスペルミス。最初見たときは目が点になった。
この画面は警告表示を兼ねていて、「路面が凍っているかもしれませんよ」とか「左後ろのドアが開いてますよ」とか「エンジンのマネジメントシステムの調子が悪いのでディーラーへ行け」とか(これはディーラーに行く前にたいてい消える)いろいろ言ってくれるので、重宝している(最後のは狼少年っぽいが)んだが、ちょっとガクッとなってしまう。

これだけではない。

うるう年の2月29日の前1週間くらいは曜日が狂うのだ。これも同じ年式特有。この車を買った翌年がうるう年で、2月末にふと曜日を確かめると曜日だけ1日ずれている。ありゃ、設定し間違えたか、と思って設定画面に入っても、万年カレンダーだから当然曜日のみ変更はできない。???と思ってて、特殊要因を考えるとうるう年しかないと判断し、2月29日になって確かめるとちゃんと直っている。
しかしどういうプログラミングしたら間違えることができるんだ?

アルファ・ロメオはこういう詰めの甘さゆえ世界的な普及につながらないわけだが、アルファ・ロメオに乗る人はこういうバグもまたいとカワユシと思ってしまうので、結局対策されないんだろうな。
posted by tak at 00:16| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年09月26日

アルファロメオの話

今の車を買ってから3年半で45,000km走った。
イタリアの車に乗っていると聞くとたいていの人は「壊れるでしょ」といいたくなると思うし私自身もそうなのであるが、実際に乗ってみるととりあえず今のところとんでもなく困るようなことは起こらない。

そうは言っても、前に乗ってた三菱のパジェロミニに比べたらいろいろとあるものだ。

1.燃費
2リットル4気筒のエンジンで、少しだけ燃費にも気を使ったガソリン直噴エンジンであり、最新のコンピュータ制御による燃料噴射なので、燃焼効率はいいようだ。45,000km走ってトータルで約9km/L。遠出が多いので燃費が伸びる。

2.故障
(1)パワーウィンドウ
右の後ろのドアのパワーウィンドウはもう動かない。2年前からすでにだめ。窓を開けて走る習慣がないし、後ろの席に座ることは考えられないので苦にならない。
(2)エアコン
1年半くらい前、初夏の暑くなるころに、エアコンから冷風が出なくなった。この車を買った店では原因究明できず、大阪の正規ディーラーに持っていったら、エアコンの制御コンピュータと冷風/温風のバランスを調整するフラップのアクチュエータがいかれてるとのこと。コンピュータが取り寄せだったので、再度大阪に行って直してもらった。保証期間の3年以内だったので無料。本当はいくらくらいの修理費なのかおそるおそる聞いてみると、10万円くらいとのこと。もう壊れませんように。
(3)オーディオ
左側(運転席側)のスピーカーから音が出なくなる。聴いてる音楽が突然モノラルになったりする。mixiのコミュニティによればドア部分のコネクタの接触が悪いためらしい。今度の12ヶ月点検で見てもらおう。といっても、どうも症状は梅雨〜夏だけのようで、点検・車検はいつも冬であり、そのころは症状が出てないかもしれない。

3.奇行
(1)ワイパー
ワイパーは、インターバル、普通速、高速の3段階の切り替えなのだが、インターバルにしているはずが、いつの間にか勝手に普通速になったりする。ワイパー動かしている中の小人さんが気まぐれらしい。
また、ワイパーは折り返しのときにバッチンバッチンうるさいが、120km/hを超えると落ち着く。この国ではそんなスピードは日常では出せません。
(2)リモコンドアロック
ドアロックのロック/解除と、トランクの解除の2つのボタンが付いているのだが、ドアロックを解除しようとして、トランクのロックが解除になることがある。

4.維持の困難
(1)任意保険
事故率か盗難率が高いらしく、保険料は年間14万円(涙)。もちろん掛け捨て。
(2)消耗品
バッテリーは2年ごと、タイミングベルトは4万kmごとには換えておきたい。それを怠るとつらいことがいろいろあるといろんな人が言っている。
ブレーキパッドとローター、ダンパーもそろそろ賞味期限切れのようだ。全部換えるといったいいくらかかるのか。タイヤは案外高くない。


1910年に創設されたアルファロメオ社は、2010年に創立100周年を迎える。何とかそのときまで今の車に乗っていたい。もう新しい車に買い換える余裕なんてありませんですから。

今日見たアルファ:156(銀)、GTV(緑)
posted by tak at 00:36| Comment(0) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。