2012年05月19日

フィッシャー=ディースカウの思い出

はっきり言ってしょうもない話なので、読んでがっかりしないように。
先ごろ亡くなったディートリヒ・フィッシャー=ディースカウの歌唱について私ごときがどうのこうの言う立場には全くない。それとは別に、偶然の邂逅、というよりはすれ違いのようなものがあったことが、いまでも私の心に、のどに刺さった小骨のように残っているので、今ここで消化しておきたい。

2000年のベルリンで(3月と11月の2度行ったがどちらかは忘れた)、CDとか本とかを売っている大きなお店をうろうろしていたら、本屋のへんにあのフィッシャー=ディースカウ御大が一人立っておられた。確かそのころにはもう引退していたはずで、何事かと思ったら、どうも自伝を出版したばかりで、サイン会的なことをしていたらしい。御大の本が平積みになっていた。ところが、サインに並ぶような客は一人もおらず、御大は一人たたずむばかり。う〜む。というような状況を一瞬で察しつつ、御大と目が合ってしまったではないか!そうは言っても、私がドイツ語の彼の本を買ってサインを書いてもらっても読めもせぬ。しかも彼のすさまじい録音歴は知っていても「大ファンです!!!」というほどのものでもない。これは申し訳ないがスルーするしかないなと、いったんはその場を立ち去る。

そうか、CD買ってサインしてもらえばいいんだ、とCD売り場に行って探すが、店頭にあったのはすでに持っているカルミナ・ブラーナと旅先ではかさばるマイスタージンガー全曲ぐらいだったか。オトマール・シェックのノットゥルノ(EMI)があったら2枚目でも迷わず買ったのに、聴いたことのないマイスタージンガーとかカルミナだともう一つ踏み切れん、と悶々と悩んだ挙句、「御大、ごめんなさい」と何もせずその店から立ち去ってしまったのだった。

今考えれば、読めもせぬドイツ語の本にサインをしてもらうのが最良の行動だったのだ。ヲタク的に。フィッシャー=ディースカウについて見聞きするたびにいつも、この「小骨」的事件がよみがえるのである。


posted by tak at 23:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的思索 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月10日

引っ越した

姪っ子が中学生になるのを機に、いつまでも実家のベストルームを独占せず明け渡すべく、年明けごろから一人暮らしを画策した。
独り者用の物件を捜索すること1ヶ月、妙に安くて部屋数の多い不思議な物件を発見。その時点で親に独立のことを打ち明け、あっさりと了承を得た。

物件を見学し、さらに不思議さは募る(床面積は広いのに、洗濯機を置く場所はなく、洗面台もないし、エアコンもない)けど、安さと部屋数でこれに勝る物件はまず出てこないはず。家族全員に相談し(小3の甥っ子にも。「おじさんの部屋使っていいんだね!」と喜ばれた)、話を進めた。

早くも3月16日からの賃貸契約を結んだんだけど、異様に忙しい年度末で、引っ越し作業は遅々として進まず。おまけに人事異動まで重なり、しかも3月30日に重要な仕事上の行事が午前午後と立て続けに2本。めまぐるしい日々であった。
仕事帰り、軽トラに荷物を積んで運ぶこと計10回、恐ろしいほどの量の物どもを新居に収め終えて住めるようになったのが8日の日曜の夜から。

特にこの8日は、オケの練習後の午後2時から、2部屋に新規購入のエアコンを2台設置、1部屋に某先生からいただいたエアコンを同じ業者さんに頼んで設置するのに合計5時間を要するという、一番のハイライトであった。

着なくなった衣類を中心に実家に残った荷物を片づけるのに月火の2日を要し、ようやく本日、旧居の方も片付いた。
空っぽになった自分の部屋を見たらぐっと来て、親に見送られて実家を出るときにまたぐっと来たが、新居に来たら平気なもの。

これから何日かがかりで新居の方の山のようなCD、本、撮りためたビデオ、MD、カセットテープの処分方針を決めていかなければならない。とはいえ、要らないCDなんてないんだよなあ。
posted by tak at 23:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月25日

ベイヌムのマーラー#7

beinum_mahler7_1.jpg beinum_mahler7_2.jpg

心底感動したエドゥアルド・ファン・ベイヌム指揮のコンセルトヘボウのマーラーの7番。1958年にしては完璧すぎる音程と壮麗で明晰な音響。そして熱狂の拍手。なのに1958年にしてはひどすぎる録音。テープがよれてる。が、ヲタクには無問題。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=4964789
ベイヌムのマーラーは、スタジオ録音ではDECCAの4番、PHILIPSの大地の歌があり、ライブでは3番と6番がCDで出ていたが、7番はジャケットにあるように、初CD化。初とは言えこんなひどい音のCDが、平然と出せる時代(ヲタクが一定数いる)になったことを喜ぶべきであろう。
ちなみに上記のHMVのレビューは2か所間違っている。よく聴けば最初から最後まで継ぎ目のないラジオ音源をテープに録ったものだというのはわかるし、だからこそ5楽章冒頭のティンパニは欠落ではなくホルン隊全員のフライングだと思われる。

ところで、自分以外に「ベイヌム好きです」的な発言をする人を見たことがないが、こういう音源がCDになるということは、広い世界にはきちんとベイヌムを評価する人がいるんだろうと安心してしまう。

このCDの型番はGMSN-1となっていて、Gustav Mahler Stichting Nederland、つまりオランダ・グスタフ・マーラー財団としてのレーベルの1枚目のディスクのようで(製造・発売は大手CDメーカーっぽい)、今後が楽しみだ。
http://www.gustavmahlerstichting.nl/

しかし、こんだけずぼらな私なのに、ベイヌムのことになるとつい日記を書いてしまうのが本当に不思議である。

2012年03月11日

3.11マイレージ消化の旅

20120311_1.jpg 20120311_2.jpg 20120311_3.jpg

発端は、4月末で権利が消滅するマイレージが8,000マイルくらいあったこと。
2009年と2011年にドイツに行っているので、19,000マイルぐらいたまっていて、その古い方のマイレージが失効するのだ。
エディーポイントに替えるかANAグッズの買い物するかなどといろいろ思案したが、そういうのは大体1マイル1円くらい。やはり航空券に替えるのが一番換算率が良くて、鳥取・羽田の往復の航空券が15,000マイル。

とはいえ、私の場合は休みが休みではないので、そう簡単に1日遊ぶわけにいかない。スケジュールを見ると3月11日が丸々空いていて、何の気なしに東京方面の公演スケジュールを見ると、新国立劇場の「さまよえるオランダ人」というのがあり、席もまだ空いている。
3月11日という日に遊ぶことには葛藤があったが、1日家にいてもやることはない。思い切ってこの日の航空券と公演チケットを取った。

実は、10年くらい前にも東京往復できるくらいマイレージがたまったことがあったけど、その時は使い方がよく分からず失効してしまった。今はウェブのサービスが進化していて、ANAのマイレージクラブのサイトから簡単に航空券はとれた。

というわけで、日帰りの東京の旅。

当日に近づくにつれて3月11日の天気予報は「暴風雪」。どうなることかと思ったが、朝は晴れていてとりあえず東京行きの便は普通に飛んだ。

とりあえず新宿に行き、「桂花」で熊本ラーメン。昔はすごくおいしいと思ったものだが…。
途中で号外らしきものを配っていて、「河北新報」の文字が見えたのですかさずいただいた。あとで確認したら、被災3県4市の震災翌日の1面の縮刷版(と言っても巨大)。永久保存。

そのあとは、ディスクユニオン新宿クラシック館へ。クラシック館で一番大きいということで、確かに在庫の量は相当なものだが、本当に欲しいというものはもはやそんなにはない。
デュトワ&モントリオールの「ダフニスとクロエ」、アバド&WPhのブルックナーの9番、オトマール・シェックの室内オケ伴奏歌曲集、クナッパーツブッシュ&WPhのワーグナーのマイスターとかローエングリンとかのアリア集を買ったのだが…。
買った後よくよく考えてみると、クナのワーグナーは全く同じものを持ってたような…。

そのあと紀伊國屋に行っていろいろ見たが、本というのはどこでも同じものを変えるものだということを再確認した。ただ、音楽書が豊富で、内容を確認できたのが良かった。

初台に行くために京王新線の新宿駅まで歩いたが、こんなに遠かったっけ。駅の構内では震災関連の写真展をしていたが、余裕がなくて見れず。

1時過ぎには新国立劇場到着。初めて来ました。なんとなく殺風景。
中に入って席を確認してコーヒー飲んでトイレ行って開演。

ワーグナー さまよえるオランダ人
指揮:トマーシュ・ネトピル
演出:マティアス・フォン・シュテークマン
ダーラント:ディオゲネス・ランディス
ゼンタ:ジェニファー・ウィルソン
エリック:トミスラフ・ムツェック
マリー:竹本節子
舵手:望月哲也
オランダ人:エフゲニー・ニキティン
新国立劇場合唱団
東京交響楽団

B席3階4列48番(\10,500)

新国の客席は相当な大きさなんだけど、不思議に音はよく聞こえる。
オケはなかなか温まらない感じ。
歌手はなかなか良い。
合唱はすばらしい。
演出は読み替えとか新しいことはしてない伝統的な感じのやつ。大仕掛けの舞台機構の割にはそれに意味とか効果があんまりないのが残念。
3幕版で、1幕の後休憩、2,3幕は通し上演。
最後まで合唱は本当に素晴らしい。ソリストでは、日本人の二人がとてもよかった。ほかの役も問題なし。オケは…。たいていはとても良い演奏なんだけど、3幕の前奏曲(2,3幕の間奏曲?)など、歌がないところで演奏が締らないのはどうしたことか。
指揮は全然見えない席だったので、どうだったかはよく分からず。演奏で聴く限り、コントロールが効いた良い指揮ぶりだったと想像する。

3.11の公演にオランダ人ということにまったく意味は持たせてないだろうし、追悼的な何かも全くなかった。それでも、時計を見て2時46分を確認したころにちょうど字幕に「故郷を探しても見つからない」みたいなセリフが出てきて一人勝手に戦慄していた。

5時過ぎに終演。
初台に行くと地下鉄なのに急行で混乱するがとりあえず神保町で降りて歩いてディスクユニオンお茶の水店。またかよ、と思うなかれ。ヲタクはみんなこうしたもの。
品揃え的には新宿店よりこちらの方がバラエティに富んでいるような気がする。アバド&WPhのブルックナーの5番、ムラヴィンスキーの1965モスクワ音楽院ライブ(ルスランとか入ってるやつね)のビクター音産盤(再発もの)をゲット。6時には空港へ出発

帰りの便は本当に飛ぶだろうかと怯えつつ羽田へ。時間的には余裕で着いたが、鳥取の状況は羽田では全然わからない。
とりあえず普通に飛ぶということで、鳥取へ。結構揺れたが普通に着いた。外に出てみるとものすごい風で、この風でよく普通に着陸したものだとパイロットに敬服した。

家に帰って録画してたNHKスペシャル見ながら書いた、久しぶりの日記でした。
ラベル:ワーグナー
posted by tak at 23:58| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月31日

ゆく年くる年

いろいろありすぎて何も書けませんでしたが、ちゃんと生きています。
新年もよろしくお願いします!
posted by tak at 23:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月02日

鳥取市響本番直前練習、アルテンキルヒ

altenkirch.jpg

1日と2日は、いよいよ10月10日に迫った鳥取市交響楽団の定期演奏会のための、最終練習で、高野秀峰先生も来鳥し、長時間の練習。
1日にはソリストの竹田詩織さんも帰郷し、練習に参加。素晴らしいソロです!チャイコンに関しては、本番はもう成功間違いなし。オケがいろいろと惑わせてしまって反省しきり。
鳥取市響の団員さんに事務連絡です。今回は録音機を使って、練習をすべて録音し、今聴きながらこれを書いているところなのだけれど、意気込みも音の出し方も素晴らしい出来栄えなんです。ですが、音程が決定的に悪い!
録音を聴くと普段のCDを聴いている耳になるので、すべての音(細かい16分音符であろうと)を厳しく聴いてしまう。音程の粗はすべて分かる。どうかゲネプロは、冷静な心で音程と縦の線をしっかり合わせましょう!

2日の練習後、午後には市響の若い団員さんとチェロデュオの練習。バルトークとかモーツァルトとか。11月13日が本番だったか?詳細は後日(忘れなければ…)。

すべての日程を終え、自宅に帰って、夕食時に、5月の渡独の際に買ったワインを開ける。見事にコルクを壊してしまった。
アルテンキルヒという、日本人女性の杜氏さんがおられた(過去形です)ワイナリーの白ワイン。適度な発泡と鮮烈な酸味、生々しい果実っぽさが素敵なワインでした。

というわけで、10月10日(月・祝)は鳥取市交響楽団の定期演奏会です。
ワーグナーのタンホイザー序曲、チャイコフスキーのヴァイオリン協奏曲、そしてベートーヴェンの運命。アンコールにはふとしたきっかけで一躍有名になった○○○○○の○○○。
指揮は高野秀峰先生、ヴァイオリンソロは竹田詩織さんです。ご期待ください!
ラベル:オーケストラ
posted by tak at 23:48| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月05日

気が向いたので10分で書く日曜日の日記

9月4日(日)。朝は9時半から「豊かな海づくり大会」用のオケの練習。
威風堂々の1番、4番、水上の音楽のホーンパイプ、地元作曲家上萬氏のファンファーレ、君が代。
威風堂々の4番は初めて弾いたが、滴らんばかりのノーブルさ!ちゃんと全曲演奏したいですな。鳥取市響もトリオ後の主部の再現ではちゃんとそれらしくアンサンブルしノーブルさを表現する成長ぶり。いいオケだ!
君が代も、初めてオケで弾いてシビレタ。

お昼に家に帰って食事をかき込んで大阪へ。楽譜あさりが主目的。

4時過ぎについて、ササヤ書店でチェロ関係の楽譜をあさる。まあまあいい曲が見つかる。

その後は隣のビルのワルティ堂島が改名して同じフロア内で場所移転して縮小したWALTYクラシカルで、中古CDあさり。ドイツ・シャルプラッテンから出ていた「ベルリン750年記念コンサート」という1987年1月1日の録音に、クルト・ザンデルリンクがシュターツカペレ・ベルリンを指揮した魔弾の射手序曲と狩人の合唱が入っているのを発見して購入。前者はシュターツカペレ・ドレスデンとの日本公演があったが、後者は、合唱の入った曲というのも含めて珍しい。序曲は名演で特にホルンが超絶だった。狩人の方は、遅れそうになる合唱をものともせずインテンポで突き進む様が可笑しい。

その後心斎橋まで地下鉄で行って、心斎橋YAMAHAでチェロ用の強力ミュートを購入。効き目はまだ試してない。
楽譜を見ていたら、小学生が店員さんに「カルメン幻想曲のスコアないですか。普通の、オーケストラの」とか聞いていたが、さすが大阪の小学生はませてますな。どうも昨日テレビで見たとか。サラサーテかワックスマンか知らんが、オケ版のスコアなんて普通には置いてないぞ。ササヤに行きなさい(笑)。

腹減ったのでパスタをかき込んで、ノンストップで帰って、9時半には帰宅。

念のためカルメン幻想曲をIMSLPで調べたら、ちゃんとある。パート譜も。楽譜屋さんつぶれるなあ。
http://imslp.org/wiki/Carmen_Concert_Fantasy,_Op.25_%28Sarasate,_Pablo_de%29
ワックスマンさんは20世紀の生まれなので、そもそもIMSLPに名前も登録されていなかった…。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%84%E3%83%BB%E3%83%AF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%B3

追伸
結局書くのに20分かかってしまった。
posted by tak at 00:55| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽的活動 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月03日

159に立て続けにトラブル

今乗っている159は、アルファロメオの中でも最も新しい世代の車で、前に乗っていた156と比べてもかなり品質が良いと感じている。
ああそれなのに、やはりイタリア車、日本の風土に合わないのか、トラブルが頻発するのは「お約束」としか言いようがない。

1月ほど前の朝、職場に向かって運転していると、急にシューシューという大きな音がしだした。どうもエンジンルームかららしいが、ラッシュ時の道の上で止めるわけにもいかず、なんとか自分の駐車場まで行って、ボンネットを開けて調べた。すると、吸気ダクトから枝分かれしたベージュ色の細いパイプが破断しているのが見つかった。
alfa_20110701_1.jpg alfa_20110701_2.jpg

ともかくエンジンは動くようなので、昼休憩になんとか自走で車屋さんまで持っていった。代車を預かって帰ると3時間後にはもう直ったとの知らせ。なんと単純なトラブルであることよ。

そして昨日。夜9時ごろ、コンビニに寄って、帰ろうとすると、電気系が不自然な動きをして、エンジンがかからない。とりあえず車屋さんに電話すると、「バッテリーの問題でキーを認識しないのだと思うが、今日は遅いので伺えない。JAFに電話してエンジンをかけてもらって、明日もまたダメなようなら連絡を」とのこと。というわけで、アルファ生活9年目にして始めてJAFを呼びました。バッテリーをつないだら、とりあえずエンジンはかかったので、なんとか自走で自宅まで帰ることに。会員は無料と聞いて、入会しといてほんとに良かったと安堵。
ところが、おんなじ原因で自宅の500m手前で走行中にエンジンが停止。またもやJAFに来てもらい、おんなじ対処。本当に会員になってて良かった。JAFさんありがとう!

翌日(今日)、エンジンをかけてみようと思ったら、やっぱりダメ。しかもキーが外れなくなってしまった。
車は自宅に放置して、車屋さんに電話して取りに来てもらって、夕方には修理完了。やはりバッテリーの問題で、内部でショートしていたとのこと。前の156のときもバッテリーは2年ほどで交換したし、アルファロメオはバッテリーに厳しいという定評をまたもや確認することになってしまった。

これらのトラブルはいずれも新車登録から3年以内。いわゆる新車保証期間内。おそらくいずれもクレーム交換の対象になるとは思うけど、新しいものが壊れるというのは納得いかないのが半分、まあイタ車だからなという諦め半分である。どちらも壊れやすそうなものが壊れただけとも言える。「イタ車は壊れる」伝説はやはり不変であった。

今回の教訓。オートマ車は、バッテリーが切れるとシフトもできず、Pポジションに入れてたら押して転がすこともできない。エンジンが止まってもむやみにPポジションに入れないことだ。もちろんマニュアル車に乗りたいけど、159のマニュアルはもう売ってないのでね。
posted by tak at 22:44| Comment(5) | TrackBack(0) | Alfa Romeo | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月27日

コンセルトヘボウ・アンソロジーVol.6届いた

concertgebouw_anthology6.JPG

一緒に注文してたドゥダ某のブルックナーが出荷遅延で、入荷してたのにうっかり入荷待ちにしてたのをサルベージ(?)して、昨日発送してもらったのがもう今日届いたコンセルトヘボウ・アンソロジーVol.6、1990-2000、CD14枚組みです。
http://www.hmv.co.jp/product/detail.asp?sku=4142897

まだ1枚目のイヴァン・フィッシャーとの青髭公の城と2枚目のテンシュテットとのマーラーの5番を聴き終わったところで、眼目である8枚目のベルント・アロイス・ツィンマーマンの「誰も知らない私の悩み」にはまだまだ到達しません。こういうセットものは1枚目から順に、というのが昔からの流儀なもので。
と言いつつ、ちらりと写ったマイケル・ティルソン=トーマスとサンフランシスコ響のマーラー全集17枚組みは収録順に聴きましたがね。

さすが90年代ともなると、録音のコンディションは抜群です。ライブ録音にありがちなそっち方面のストレスに悩まされないのがいいですね。テンシュテットのマーラーなど、某CD-R版で出てたのと同じ演奏かと思うのですが、さすが正規録音(多分向こうはFMエアチェック)、掛け値なしに超絶名演に聴こえます。ラトルやティルソン=トーマスとは違う曲を振ってるんじゃないかってくらい、テンシュテット節が炸裂してます。

ところで、ティルソン=トーマスのは、1枚目が編集ミス、今回のコンセルトヘボウ・アンソロジーは2枚目が見た目問題ないのにプチプチ音ありで、製造方面での品質が下がっているような気がします。後者はプレーヤーの不具合かもしれませんが。各メーカーには万全の製品を供給してもらいたいものです。
それもあって、ティルソン=トーマスの全集の評価は保留。業者から修正品が届いたらまた何か書くかもしれません。
posted by tak at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 買ったCD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月17日

スオミの謝肉祭、ヘルシンキ交響曲、シベリウスの運命

2011.7.17
NHK交響楽団鳥取公演
とりぎん文化会館梨花ホール
指揮:スザンナ・マルッキ
ヴァイオリン独奏:樫本大進

ベルリオーズ:ローマの謝肉祭
ラロ:スペイン交響曲
ベートーヴェン:交響曲第5番

大進君お見事!
スザンナは女王様!

ローマの謝肉祭が鳴り出した瞬間、北欧の風景が頭から離れなくなった。と言っても北欧には行ったことないんだけどね。まるでシベリウスのような格調の高さ。揺るぎなきコントロール。

ラロのスペイン交響曲も、スウェーデン狂詩曲かと思うような妙な北欧ノリ。4楽章なんて、オーゼの死のような深刻さ。
大進君は完璧でした。すばらしいピアニッシモに心奪われ、客席はすごい静寂。終わった後はN響の団員さんも大喜びだったので、このツアーの中でも格別いい演奏だったんでしょう。

最大の驚きはベートーヴェン。あのN響がスザンナ・マルッキに100%コントロールされつくしている!無用な揺らぎやふくらみが一切なく、正確な音程とテンポ、リズムから生まれる清らかなハーモニーと汗臭くない発音は、まるでシベリウスの交響曲を聴いているかのような神々しさだった。そう、まるでN響らしくない、ベートーヴェン臭くない演奏。さすがゲンダイオンガクのスペシャリスト。
唯一、ああN響を聴いているんだなと我に返った部分が、1楽章のオーボエのカデンツァの茂木大輔さんのソロ。妙な安心感を覚えました。
こんなに奏者の自由度のない演奏というのは、ドホナーニの指揮でしか感じたことがない。実際弾いている人からは嫌われるタイプの指揮者だと思うけど、どうだったんでしょうかね。一聴衆としては、最高の体験でした。
指揮台での女王っぷりと対照的に、楽屋口で会ったらかなり気さくな感じの人でした。

アンコールは、予想通りシベリウスの悲しきワルツ。とても良かった。終わったときの会場の静寂が心地好かった。
posted by tak at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 聴いた音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。